町田版 掲載号:2017年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

町田市 食品ロス削減呼びかけ 宴会5箇条を作成し啓発

社会

 町田市は、忘年会や新年会など飲食機会が多い年末年始に、食品ロス削減を呼びかける「まちだ☆おいしい食べきり運動」キャンペーンを実施する。12月1日から来年1月31日まで。啓発ポスターの掲示やホームページなどを利用して情報を発信する。

 食品ロスとは本来食べられたはずなのに廃棄されてしまった食品のこと。家庭でも飲食店でも「食べ残し」が主な原因となっている。

 年間の食品ロス量は食品関連事業者から339万トン、一般家庭から282万トンで、合計621万トンが廃棄されている。

 町田市内でも非常に多くの食品ロスが発生していて、2016年度「燃やせるごみの組成調査」の結果によると、家庭系食品廃棄物のうち約7%(およそ1700トン)が未開封・未使用の食品となっている。飲食店での食品ロスの要因も、「食べ残し」がほとんど。宴会時では、出された食品の約19%に相当する1食あたり約150gの食べ残しが発生しているという。このような結果から、町田市では、美味しく食べ切るための「まちだ☆宴会5箇条」を作成。食品ロスを減らすために多くの市民に実践を呼びかけている。

 宴会5箇条では、【1】出席者に応じて適切な量を、【2】開始前に「おいしく食べきろう」と声掛け、【3】「食べきりタイム」の導入、【4】食べきれない料理は分け合う、【5】目指すは完食を提案している。

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク