神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2018年8月16日 エリアトップへ

トライアル発注認定商品 町田イチオシわんさか 過去最多9商品

経済

公開:2018年8月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
市長や審査員に商品を説明
市長や審査員に商品を説明

 モノづくり産業を応援し、市内経済の活性化を目指すため2013年度から市が実施している「町田市トライアル発注認定制度」。今年度は、書類審査と専門家による意見聴取の結果、新規性が高く、使用価値のある6事業者・9商品が「2018年度町田市トライアル発注認定商品」に認定された。9商品の認定は制度開始以来最多。

 認定期間は8月1日〜2021年3月31日の約2年半。市は期間中、商品カタログの作成・配布や各種イベントブースでのPRなどを通じて、認定商品の販路開拓のための支援を行っていく。また「町田市名産品」や「まち☆ベジ」と併せて「まちだイチオシ」商品として、市内外に対しても積極的にPRを実施する。

 これまでに24件が認定されており、『CO2コントローラー』や幼児向け傘の『マイファースト』、『水書きグー』などが市の実績となっている。街路灯『消えないまちだ君』は市から全国の自治体へと広がりを見せている。

 今回認定された6事業者は1日、石阪丈一市長のもとを訪れ、認知書を受けとった。認定された事業所、商品は以下の通り。

 認定番号25番、toy―spice!の『POSTCARD TOYシリーズ』はハガキサイズの台紙と必要な素材がセットになったおもちゃの工作キット。26番、(株)オンザウェイの『トランシーバー専用オープンイヤホン』は大手メーカー・シャープと共同開発した耳に直接入れないオープンイヤホン。27番、(株)TRYLの『SOLR LANTERN』はシリコン素材でできたランタンサイズのマルチボトル。防水性に優れ、ソーラー充電も可能でレジャーから防災グッズとして有用。28番、グラドコジャパン(株)の『Near―lineATB』は操作パネルから指一本で複数冊の高品位なテープ製本が可能な独立型の自動テープ製本機。29番、レデックス(株)の『脳バランサーキッズ』は知能機能改善につながるトレーニング用のソフトウェア。学校や放課後等デイサービスなどで活用される。(株)寺田電機製作所は最多の4商品が認定。30番、『低床用フロアコンセントLSFシリーズ』は床との段差を極力なくした薄型フロアコンセント。31番、『プラグ収納コンセントLCRシリーズ』は電源プラグ収納タイプの床面フロアコンセント。32番、『埋込USB+AC給電用コンセント』は知能IC搭載でスマホなどの充電も可能なコンセント。33番、『まもれーるシリーズ』は住宅やオフィスなどのコンセントやスイッチに取り付けて施錠できる、防犯用のカバー。

 選考懇談会委員長を務めた玉川大学の大久保英敏教授は「今年は生活密着の商品が特徴的。商品の発展は市にとっても良い。今後50、100と増えることで相乗効果が増すといい」と講評した。

認定書を持って記念撮影
認定書を持って記念撮影

町田版のトップニュース最新6

魅力高め、鶴川団地再生

都内協同組合

魅力高め、鶴川団地再生

リノベ 若者呼込み目指す

6月13日

乳児専用劇場、設置の夢

町田出身歌手

乳児専用劇場、設置の夢

鶴川から 周知に奔走

6月13日

16号に出店相次ぐ

キャンピングカー専門店

16号に出店相次ぐ

相模原周辺 今年4月にも

6月13日

電話相談「継続したい」

電話相談「継続したい」

前身引継ぎ3年 居場所に

6月6日

不登校支援マップを作成

中町NPO

不登校支援マップを作成

25カ所一覧「困った時」は

6月6日

燃焼ガスでイチゴ栽培

市バイオセンター

燃焼ガスでイチゴ栽培

脱炭素目指し実証実験

5月30日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook