町田版 掲載号:2019年2月7日号
  • LINE
  • hatena

まち元気プロレス〜町田プロレスの総合プロデューサーを務める 矢口 壹琅さん 横浜市在住 

プロレスで町田を元気に

 ○…「雷神矢口」のリングネームを持つプロレスラーにしてミュージシャン、そして俳優。身長188cmの大男で体重は100kgを超える。トレードマークのサングラスをかけていると、人混みでも自分の周りには空間ができる。4700gで生まれ、子どものころから音楽と格闘技にしか興味がなかった。憧れていた夢を手にした男が次に向かった先は「プロレスで街を元気にする」こと。

 ○…「やられてもやられても立ち上がる、ネバーギブアップの精神を子どもたちに伝えたい」。全国各地でご当地のまちおこしプロレスを旗揚げした。昨年夏には町田プロレスの夏の陣を開催して大成功。炎天下の屋外リングでの熱い闘いに子どもから大人まで三世代が熱狂した。「町田の人たちは大いに盛り上げてくれる。本気で応えたい」

 ○…小さなころからプロレスラーになるのが夢だった。強くなりたくて格闘技の道に進むが、腰の持病で断念。アメリカに留学し、もう一つの夢だったミュージシャンになった。それでも趣味で続けた格闘技。サンボのW杯で上位入賞し、プロレス界からスカウトされた。格闘技と音楽―二つの夢を手にしたとき「大好きな酒をやめる」と師匠のアニマル浜口に宣言。被災した子どもへの慰問活動で海外にも渡った。

 ○…「プロレスが持つ誰にも誇れる素晴らしさ。かつては多くの人を虜にした魅力をもっと知ってほしい」。子どもたちに強い者に立ち向かう勇気を教え、地元の魅力を伝えるキャラクターで“町田プライド”を持たせたいと願う。町田プロレスのエース「シルクメロン侍」ではないかという声が上がる。「彼は僕の友だち。町田プロレスを託しました」。きっぱり否定した後、シルクメロン侍のマスクからのぞく瞳と同じ優しい目で笑った。

町田版の人物風土記最新6件

金子 辰造さん

マジキッシュのボーカルでファーストフルアルバム『March』をリリースする

金子 辰造さん

4月18日号

水野 将憲さん

駐車場シェアシステム委員会の代表を務める

水野 将憲さん

4月11日号

三井 康弘さん

4月からスタートした町田商工会議所青年部の初代会長を務める

三井 康弘さん

4月4日号

石田 ショーキチさん

市民ホール単独公演を行う「まちだガールズ・クワイア」をプロデュースする

石田 ショーキチさん

3月28日号

河本 結さん

女子プロゴルファーとして町田で後援会が発足した

河本 結さん

3月14日号

古山 宏樹さん

「遊団地」の音楽ライブイベントの取りまとめ役を務める

古山 宏樹さん

3月7日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お茶会のおさそい

お茶会のおさそい

新緑の薬師池公園

4月27日~4月27日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク