町田版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

町田市立博物館 45年間の幕引きに 20日から最後の企画展

文化

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena
最終展のポスターを掲げる伊藤館長と学芸員の皆さん
最終展のポスターを掲げる伊藤館長と学芸員の皆さん

 1973年に町田市郷土資料館として開館し、名称の変更を経ながら現在まで45年半にわたり展示業務を続けてきた町田市立博物館は、施設老朽化などにより6月16日(日)をもって展示業務を終了する。現在の建物で最後の企画展となる「町田市立博物館最終(ファイナル)展―工芸美術の名品―」を4月20日(土)から開催する。(中面に関連コラム)

 最終展は「市立博物館45年間の『これまで』を振り返り、ご愛顧への感謝の気持ちをお伝えするとともに、『これから』を(仮称)町田市立国際工芸美術館へとバトンタッチしよう」という企画で、2部構成。第1部では市立博物館のコレクションのあゆみを名品約35点とともにたどる。第2部ではコレクションの中でもガラスと陶磁器にスポットを当て、赤と青という象徴的な色に着目して選んだ古今東西の作品約100点によって、工芸美術の魅力をたっぷりと紹介する。さらに近年所蔵となった世界初のガラス技法書「ラルテ・ヴェトラリア」も初公開する。「所蔵する目玉の作品を惜しみなく出します。ただ並べるだけではなく、赤と青の工芸の色をテーマにした展示で、ガラスと陶磁器、違う分野ながら似たような部分があることを感じてもらえれば」と学芸員の齊藤晴子さんは話す。

 入館無料。会期は4月20日(土)〜6月16日(日)(前期は5月19日(日)まで、後期は5月21日(火)から)。休館日は毎週月曜日でGW中は無休。5月7日(火)は休館。午前9時〜午後4時30分。来館者先着2000人に江戸ガラスの一輪挿し(全5色)が進呈される。

イベント盛りだくさん

 初日20日はバイオリン奏者・盛川奈々さんによるオープニング・ミニコンサート(午後2時〜3時30分)を開催。また20日、21日(日)には町田華道協会によるいけばなの展示も。館蔵の古壺2点を選び、花を活けて来場者を迎える。28日(日)には4月1日に就任した第5代館長の伊藤嘉章氏が「ようこそ工芸KOGEIの世界へ」をテーマに講演する。午後2時〜3時30分。

 会期中はほかにも工芸美術体験講座や町田市文化協会の協力による伝統文化体験イベントが企画されている。

 問合せは町田市役所【電話】042・722・3111(代表)へ。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

大迫、関根両選手を応援

MGC出場

大迫、関根両選手を応援 スポーツ

鹿沼さん 市内小学校を駆け巡る

9月12日号

可能性への挑戦実る

玉川大学チームTSCP

可能性への挑戦実る 教育

ソーラーカー・ラリーで部門優勝

9月12日号

地域と学校つなぐ

山崎小学校×協力隊

地域と学校つなぐ 教育

夏の思い出づくりにも

9月5日号

プレキャンプを実施

インドネシア空手代表チーム

プレキャンプを実施 スポーツ

2020年東京五輪に向けて

9月5日号

東京パラに向けて

相原在住石川信介さん

東京パラに向けて スポーツ

柔道アジアオセアニア選手権へ

8月29日号

幼児教育の無償化へ

幼児教育の無償化へ 教育

「各園・施設をよく見学してほしい」

8月29日号

一人ひとりが芸術家

パリコレッ!芸術祭2019

一人ひとりが芸術家 文化

43万人の個展

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク