町田版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

町田天満宮 宮司 池田泉 宮司の徒然 其の49

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
カラスウリの花や様々な形の葉、つる(写真上)、カラスウリの種(下)
カラスウリの花や様々な形の葉、つる(写真上)、カラスウリの種(下)

カラスウリ

 ここ数年、夕食後に必ず夕涼みに庭へ行く。目的は毎晩咲いてくれるたくさんのカラスウリの花を観賞するため。数年前に川崎の寺家で完熟した赤い実を見つけて持ち帰り、黄色いドロドロした果肉から種を採り出してまいた。種は打ち出の小づちに似ているから財布に入れておくとお金が貯まる縁起物にもなるというが、現代人である私の印象としては焦げたクロワッサンだった。

 今年のカラスウリは勢いがよく、夏場にうっそうとする私の庭(やぶ?)のカナメモチの生垣からサルスベリ、キンカン、スモモ、ヒメシャラへと絡んでいき、クズのような大きな葉で覆うような勢い。驚いたことに、葉の形は同じ株でばらばら。葉の形に関してはかなり大ざっぱだ。白いレース状の花は一輪一夜限りだが、毎晩20〜30の花を咲かせている。あいにく雄株しかないため実はならないが、長いくちばしをもつスズメガ科のガが吸蜜に訪れている。ハチドリのように羽ばたきながらホバリングして花から花へと移るため、速すぎていまだ撮影できていない。スズメガ科のガたちは行動範囲が広く、蜜を吸う時にまんまと鼻先に付けられた花粉をどこか遠くの雌株へと運んでくれるのだろう。

 近年強引な急成長を遂げている某国。米国と貿易摩擦、いやあれはけんかというのではないかと思うが、実はその裏ではしたたかに触手を伸ばしていた。アフリカ諸国に対する貸付、そして債務不履行によって土地の没収。我が国にもずいぶん某国民の土地が増えているらしい。先回りして対策を講じないと日本のような小国は危うい。

 カラスウリの雄株に新発見。外側から花を楽しんで浮かれていたら、内側のヒメシャラやサルスベリの下に何やらひものようなつるがたくさん垂れ下っていた。まるで、お釈迦様が地獄へ降ろした蜘蛛の糸のように。あの立派なつるになったカラスウリのものとは思えなかったが、引っ張ってみたら確かに繋がっている。その垂れ下ったつるの先は地面。なんと地面に着地したつるの先っぽが根付いてた。驚愕。雄株は実をつけなくてもつるでクローンを増やすことが判明。これ以上増えたら本当のやぶになる。かわいそうだが駆除だ。垂れ下るつるを見つけては地面に届く前にカットする日々。こいつはこれでいいけど、あの国のしたたかな拡大はもはや防げないのでは。

ほけんの110番三和こどもの国

保険のことなら何でも相談下さい!相談は無料です!WEB予約も可能!

https://www.e-hoken110.com/shop/180.html

<PR>

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の51

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の51

12月12日号

宮司の徒然 其の50

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の50

11月14日号

鼻煙壺(びえんこ)の「裏側」

町田市立博物館より43

鼻煙壺(びえんこ)の「裏側」

学芸員 山口 佳美

11月7日号

宮司の徒然 其の48

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の48

9月12日号

宮司の徒然 其の47

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の47

8月22日号

宮司の徒然 其の46

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の46

6月13日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

卒業生らの作品中心

卒業生らの作品中心

町田三田会美術展

12月11日~12月15日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク