神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

GION周辺に駐車場500台 新たに確保 ゼルビア期待

社会

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
地域住民宅に設けられた予約制の駐車場を紹介する担当者
地域住民宅に設けられた予約制の駐車場を紹介する担当者

 駐車場予約アプリを運営するアキッパ株式会社(大阪府)は先ごろ、町田市を拠点とするJ1所属のFC町田ゼルビアのホーム、町田GIONスタジアム(野津田町)周辺に500台分以上の駐車場を確保したことを発表した。昨秋に比べ、およそ5倍となる数を用意し、チームのかねてからの課題であるホーム周辺の交通問題解消につなげたい考えだ。

 ゼルビアにとってGIONスタジアム周辺の駐車場不足は従来からの課題だった。最寄りの小田急鶴川駅から、4キロ以上離れ、自家用車での来場を望むサポーターが少なくないなか、スタジアムの駐車場スペースは十分でなく、周辺にもパーキングが見当たらない状況だった。

 そんななか、名乗りをあげたのがアキッパ。予約制駐車場のシェアリングサービスを提供する同社は2019年にゼルビアとの連携を開始し、チームを支援する企業のものを借りるなどして駐車場の数を増やしてきた。

 昨秋には100台分に至ったが、ゼルビアがJ2の優勝争いを繰り広げるなか、アキッパの管理する駐車場の稼働率はほぼ100%に。人気チームとの対戦が増え、観客数増が見込まれるJ1でのシーズンを見据え、より増やしていく必要があることを両者で合意。取り組みを進めてきた。

 新しくアプローチ先に選んだのは、スタジアム周辺の住民らの自宅駐車場。運営コストがかからない点などに惹かれ、自宅の駐車場を貸し出す人は増えていき、3カ月もたたないうちに500台分を超えるまでに至ったという。

 「地域にはゼルビアファンも多く、協力してもらえた。スタジアム周辺にパーキングが無いことで、地元に違法駐車などが増えることを懸念して貸し出してくれる方もいた」と同社の担当者は話す。

渋滞緩和も

 一方で、期待されるのが渋滞緩和だ。スタジアムに近い道幅の狭い都道はゼルビア戦が行われる度に混みあい、地域課題の1つになっているが、新たに設けられたアキッパの駐車場はスタジアムから徒歩30分圏内に分散。渋滞が発生する要因の1つになっている駐車場を探して走る車の減少につながる可能性がある。

 アキッパの担当者によると、ゼルビア同様、スタジアム周辺の車渋滞で悩んでいた名古屋を拠点とするJリーグチームが今回同様に駐車場を分散させ増やしたところ、渋滞緩和につながった事例があるといい、「今後は状況をみて、さらに駐車場を増やしていくのかなどをチームと検討してきたい」とアキッパ担当者。ゼルビアを運営する株式会社ゼルビアの上田武蔵代表取締役COOは「空き駐車場の情報があれば、アキッパさん、クラブへの共有を。理解と協力をお願いしたい」と呼びかけている。

 同社駐車場の利用や貸し出しの希望者はアキッパのHPで。

募金箱設置/チケット千円/申込は市民ホール等

①10:30〜「ひとにぎりの塩」②14:30〜「一献の系譜」

https://www.m-shimin-hall.jp/tsurukawa/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

初のJ1に挑む

FC町田ゼルビア

初のJ1に挑む

24日 ガンバと開幕戦

2月22日

子育て関連など1792億円

町田市予算案

子育て関連など1792億円

前年度に比べ6.4%増

2月22日

「栽培しやすい鉢」開発

サレジオ高専生

「栽培しやすい鉢」開発

企業と連携 販売開始

2月15日

小野路和牛の地産地消を

小野路和牛の地産地消を

地元で周知活動スタート

2月15日

GION周辺に駐車場500台

GION周辺に駐車場500台

新たに確保 ゼルビア期待

2月8日

団地商店街に新たな活気

団地商店街に新たな活気

山崎ほか、多摩NTに動き

2月8日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

その人らしい暮らしを提供する

270か所余の「介護事業所」を運営

https://jala.co.jp/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook