大和版 掲載号:2011年6月24日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

葬祭 祭りの裏方、そっとしっかり 取材協力/東京葬祭・大和式礼

 市内最大のイベント「大和阿波おどり」。この祭りの裏方を平成8年の開所以来社員一丸となって支え続けているのが、「東京葬祭・大和式礼」(中島康次郎所長)の社員たちだ。

 祭りの始まる1カ月前から、「準備が本番」と交通規制の看板設置の準備などにボランティアでかけまわる社員たち。「今年は、やはり特別です」と話す。東日本大震災の復興支援をかねたチャリティーをメーンのテーマとし、節電はもちろん、安全面など「万が一」に備えて、開催時間を昼の時間帯にずらしたりと変更も多い。

 「踊り子さんたちや観客に、ケガや事故がないように今まで以上に準備は念入りです」と微笑む。

 例年、阿波おどりのメーン通りにあることから、踊り子たちの休息所としても施設を開放している同社。「ゆっくり踊りを見て欲しい」との思いから近隣の高齢者も招いている。

 「あれだけの大震災があったあと。どこまでできるのだろうかといった不安も正直あった。でもそれ以上に市民の心の支えという部分で絶対にやらなきゃいけない祭りだと改めて感じた」と社員たち。本番まで1カ月。夏がはじまる。

 「大和式礼」では、7月9日(土)に「家族葬セミナー」を開催する。

 今回のテーマは、最近注目を集めている「家族葬」。家族葬の人数は2・3名から30名前後で行うことが多い葬儀。規模こそ一般的な葬儀と異なるが、最低限行わなければならないことは同じ。「どの範囲までお知らせすればいいか」「残された人が後々困る結果にならないか」「かえって高額になってしまわないか」など事前の準備が大切。

 セミナーでは、家族葬のメリット、デメリットを分かりやすく解説。後悔しないための「エンディングノート」の活用術。

 また、参加者には同社オリジナルの「エンディングノート」をプレゼント。「気軽にご参加下さい」とスタッフ。

 時間は、10時から12時まで。参加無料。要予約。
 

大和式礼

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のピックアップ(PR)最新6件

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

3月16日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

3月16日号

光と演出で阿波おどり堪能

ぞめき大和

光と演出で阿波おどり堪能

3月16日号

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

「やまと屋台村」出店募集

共に支えあう福祉のまちづくりを

住民ひとりひとりの参加を基本に 大和市社会福祉協議会法人化40周年

共に支えあう福祉のまちづくりを

3月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク