大和版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

定時制・通信制インターハイ 自転車競技 4種目で優勝 渋谷在住 鈴木薫さん

スポーツ

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena
獲得したメダルを手にする鈴木薫さん
獲得したメダルを手にする鈴木薫さん

 全国高等学校定時制通信制体育大会の自転車競技大会が8月7日・8日に伊豆の日本サイクルスポーツセンターで開催され、渋谷在住の鈴木薫さん(神奈川総合産業高等学校定時制3年)が出場した4種目全てで優勝した。

 鈴木さんは、7日のトラック競技では「1Kmタイムトライアル」、「4Km速度競争」、「チームスプリント」に出場し優勝。8日のロード競技では「30Kmロードレース」に出場し、58分28秒65の大会新記録で優勝した。ロードレースでは団体としても優勝し、計5つのメダルを獲得した。

「有言実行できた」

 鈴木さんは昨年の同じ大会では鎖骨を骨折して出場できず、2年ぶりの出場。「高校でのひと区切りとなる大きな大会なので、『出場全種目制覇』『大会新記録』『自己ベストタイム更新』の3つを目標に掲げて臨みました」。学校の壮行会で「他の選手をぶっちぎって優勝する」と宣言し、見事「有言実行」。しかし、「自己ベストタイム更新はできなかった」と悔しそうな表情も。

通学も練習時間に

 もともと自転車に乗ることは好きだったが、本格的に競技を始めたのは高校に入学してから。顧問の西井比呂司教諭の指導のもと、メキメキと実力をつけた。

 普段、学校の授業が終わるのは午後9時。10時には完全下校で、練習時間は30分程度。準備体操もろくにできず、室内ローラーを軽くこぐだけで終わってしまう。彼の成長を支えるのは、毎日の通学時間だ。自宅から相模大野にある学校まで約13Kmを自転車で通う。土日には相模川の河川敷や「ヤビツ峠」などで走り込み、「歩いている時間よりも自転車に乗っている時間の方が長い」と話す。焼けた肌、筋肉隆々の太腿が、自転車への思いを物語る。

目指すはプロ選手

 プロ競輪選手で活躍することを目標としている鈴木さん。現在は日本競輪学校(静岡県修善寺)への入学を目指し、プロ選手に弟子入りして毎日トレーニングを積んでいる。「設定タイムは厳しい。それでも10月の実技試験まで少し時間があるので、タイムを縮めていきたい」

大和版のトップニュース最新6

今年も市民対象に販売

東京2020五輪チケット

今年も市民対象に販売 社会

申込み締切は4月23日(金)

4月9日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

部長職に新任6人

大和市

部長職に新任6人 社会

4月1日付人事を発令

4月2日号

こどもの城がオープン

公私連携型施設

こどもの城がオープン 教育

子育て支援の拠点に

4月2日号

レンドルフが戴冠

レンドルフが戴冠 経済

行ってみたいお店大賞

3月26日号

救命の感謝、市民に還元

市内在住戸澤 章さん

救命の感謝、市民に還元 社会

 救急車購入費約3900万円を寄付

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク