大和版 掲載号:2017年9月29日号 エリアトップへ

えひめ国体 市内からも県代表多数 シルフィードから4選手

スポーツ

掲載号:2017年9月29日号

  • LINE
  • hatena
主将としてもチームを引っ張る
主将としてもチームを引っ張る

 9月30日(土)に愛媛県を中心に開幕する「えひめ国体」に、市内からも数多くの選手が神奈川県の代表として出場する。

サッカー

 成年男子サッカーで3年ぶりに本大会に出場した神奈川チームの主将を務めるのが上草柳在住の須賀貴大さん(29)。静岡県生まれの須賀さんは、小学2年でサッカーを始め、サッカーの名門・東海大翔洋(旧東海大第一高)から東海大学へ進学。卒業後、市内深見東の大和商業高校の体育教員として採用され、神奈川県教職員サッカークラブに所属している。今回が5度目の県代表選出の須賀さん。関東大会予選では、本大会出場のかかった試合でゴールを決めるなど活躍した。今年4月から同じ大和市内の柏木学園に勤務。「職場の理解があってサッカーができている。その感謝と喜びを胸にチームワークで優勝を狙いたい」と語った。

 また成年女子サッカーには、大和シルフィードの堀良江さん(28)、石渕優紀さん(28)、伊藤侑菜さん(25)、榎谷岬さん(24)の4選手が代表入り。関東予選では、チーム6得点のうち4得点を叩き出すなど中心として活躍した。

 大会は成年男子が10月1日(日)に三重県と、女子は2日(月)に福井県のチームと1回戦を戦う。

バレーボール

 バレーボール少年女子には、インターハイ県予選で3年ぶりに優勝した大和南高校が、単独チームとして国体に挑む。

 インターハイ常連の同校だが、3年生にとっては今回が最初で最後の国体となる。インターハイでは決勝トーナメント初戦で東京の強豪・八王子実践高にフルセットの末、惜敗。国体での雪辱を期する。1回戦は10月6日(金)、愛知県の選抜チームと対戦する。

甲子園の快投再び盛岡大附属・三浦瑞樹

 特別競技の高校野球・硬式の部には、夏の甲子園大会ベスト8の盛岡大附属が出場。大和市出身の三浦瑞樹投手の雄姿が再び見られる。1回戦は6日(金)、大分の明豊高校と対戦する。

世界水泳の活躍再現・青木智美

 なお、先んじて9月15日から行われた水泳競技では、つきみ野スポーツクラブ所属の選手が活躍。7月の世界水泳でも入賞した青木智美さん(22)が成年女子200mフリーリレーと400mメドレーリレーの2種目に出場し、優勝。100m自由形でも3位に入った。また日大藤沢高校2年の佐々木杏奈さん(16)が少年女子Aの400m個人メドレーで3位に、桐光学園高校2年の石原諒太郎君(16)が少年男子Aの200mバタフライで7位に入賞。神奈川県チームの天皇杯、皇后杯2位に貢献した。

(右から)石渕選手、伊藤選手、榎谷選手、堀選手
(右から)石渕選手、伊藤選手、榎谷選手、堀選手
県代表として単独チームで出場する大和南高女子バレー部
県代表として単独チームで出場する大和南高女子バレー部

大和版のトップニュース最新6

51施設で開館時間短縮

大和市

51施設で開館時間短縮 経済

緊急事態宣言受け、2月7日まで

1月15日号

成人式を延期に

大和市

成人式を延期に 社会

次の開催日は未定

1月8日号

返礼品に64品目

ふるさと納税

返礼品に64品目 経済

本日8日からサイト掲載

1月8日号

「健康」基軸、姿勢変わらず

「健康」基軸、姿勢変わらず 社会

大木哲市長、新春インタビュー

1月1日号

スケートパークが完成

スケートパークが完成 文化

5日(火)から供用開始

1月1日号

10人・2団体を表彰

交通安全功労者

10人・2団体を表彰 社会

大和署で感謝状を伝達

12月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク