大和版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

多選自粛条例 市長、「検証も必要」 自身の4選出馬には触れず

政治

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
大木哲市長
大木哲市長

 大木哲市長は20日、自身が提案し、制定した市長の任期を連続3期までとするいわゆる『多選自粛条例』について、「他の条例同様、様々な視点から検証も必要と捉えている」との見解を示した。

 27日に閉会した市議会第2回定例会の一般質問で、小田博士市議(自民党・新政クラブ)の質問に答えたもの。大木市長は来年5月で3期目の任期満了を迎える。市長選は来年4月末に行われる。なお大木市長は現時点で4選出馬についての意向は明らかにしていない。

 条例は、大木市長が初当選した翌年の2008(平成20)年3月議会での施政方針演説で、アメリカ合衆国大統領の任期が2期に限られていることなどを例に挙げ「権力を時間で分断することが必要」とし、「多選を制限する仕組みづくりに取り組む」と説明。同年9月議会に条例案を上程。可決、成立させている。

 小田市議は、今回の質問は、大木市政の評価や検証ではないと前置きした上で、条例が将来の市長も対象になっていることから、大木市長の4選出馬の有無にかかわらず「条例の改廃に手を付けざるを得ないのでは」と自身の考えを示した。

 大木市長は多選の弊害について「独善的な組織運営や人事の偏向」などをあげ、市政運営にはこれらの弊害を防ぐことが求められているとした。また「条例の目的である清新で活力ある市政運営を確保するため、与えられた職責を果たしてまいりたい」と答え、4選出については触れなかった。

多選自粛条例とは…

 正式名称は「大和市長の在任期間に関する条例」。平成20年9月25日に可決、成立。同日施行。(全文)

(目的)第1条 この条例は市長の職に同一の者が長期にわたり在任することにより生じるおそれのある弊害を防止するため、市長の在任期間について定め、もって将来にわたって清新で活力ある市政運営を確保することを目的する。

(在任期間)第2条 市長の職にある者は、連続して3期(各期における在任期間が4年に満たない場合も、これを1期とする。)を越えて在任しないよう努めるものとする。

2 市長の職の退職を申し出た者が当該退職の申立てがあったことにより告示された市長の選挙において当選人となり引き続き在任することとなる場合においては、当該選挙の直前及び直後の期を併せて1期とみなして前項の規定を適用する。
 

大和版のトップニュース最新6

今年も市民対象に販売

東京2020五輪チケット

今年も市民対象に販売 社会

申込み締切は4月23日(金)

4月9日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

部長職に新任6人

大和市

部長職に新任6人 社会

4月1日付人事を発令

4月2日号

こどもの城がオープン

公私連携型施設

こどもの城がオープン 教育

子育て支援の拠点に

4月2日号

レンドルフが戴冠

レンドルフが戴冠 経済

行ってみたいお店大賞

3月26日号

救命の感謝、市民に還元

市内在住戸澤 章さん

救命の感謝、市民に還元 社会

 救急車購入費約3900万円を寄付

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク