大和版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

ボクシング新人王 2選手が全日本決勝へ KG大和 柴沼選手・関島選手

スポーツ

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena

 市内中央のKG大和ボクシングジム(片渕剛太会長)に所属する柴沼智樹選手(32)と関島優作選手(21)が12月23日(日)、今年の新人王をかけ、後楽園ホールで行われる「全日本新人王決定戦」に出場する。

 新人ボクサーの登竜門とも言われる同大会は、東西のトーナメント優勝者同士が戦い、日本一を決定する。過去には鬼塚勝也さんや畑山隆則さんなど多くの世界王者も同タイトルを獲得している。

不撓不屈の遅咲きボクサー

 柴沼選手は、市内桜森在住。47・61kg以下のミニマム級に出場。26歳でボクシングを始め、29歳でプロデビューした遅咲きボクサーで、スタミナとフィジカルの強さを武器に、接近戦を得意としている。

 東日本では、以前完敗した経験のある相手に雪辱を果たす場面もあったが「全体的にぎりぎりの試合が多かった」と振り返る。大一番の試合に向け「限られた日数の中で、自分の技術を見直す必要がある。油断せず、しっかり戦略を立てて挑みたい」と力強く意気込んだ。

悲願のタイトルに闘志を燃やす

 関島選手は、市内福田在住。元ボクサーの祖父と父をもつ関島選手は、小学校6年生で同ジムの門を叩いた。プロデビューは19歳。空間把握能力が高く、相手と距離をとりながら繰り出すスピードを活かした攻撃が武器だ。階級は、58・97kg以下のスーパーフェザー級。

 「1番良い試合だった」と語るのが、東日本の準決勝。「相手選手が元々友人で『準決勝で会おう』と約束していたのが、モチベーションに繋がった」と振り返る。かねてから意識していた全日本新人王の座に向けて「次がやっと本番」と気合十分。「冷静に、やれることをやれば勝てると思う」と強気な姿勢を見せた。

スタミナに自信のある柴沼選手
スタミナに自信のある柴沼選手
スピードが武器の関島選手
スピードが武器の関島選手

大和版のトップニュース最新6

足跡辿り、交流に思い馳せ

足跡辿り、交流に思い馳せ 社会

大和日中友好協会が30周年

12月3日号

常泉寺に感謝状

神奈川県警

常泉寺に感謝状 社会

犯罪被害者支援に対して

12月3日号

最優秀拡大褒賞を初受賞

大和青年会議所

最優秀拡大褒賞を初受賞 社会

会員数増員率が県内1位

12月3日号

政府対策に「迅速対応」

大和市

政府対策に「迅速対応」 経済

年内給付「想定して準備」

11月26日号

打ち上げ花火に初挑戦

緑野小PTA

打ち上げ花火に初挑戦 コミュニティ教育

児童に笑顔と思い出を

11月26日号

渋谷西ブロック始動

地域安全活動重点地区

渋谷西ブロック始動 コミュニティ社会

防犯・防火意識を地域で徹底

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook