大和版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

令和生まれの『大和育ち』 「地ビール」誕生、今日から販売

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
ブルーを基調に、星空をイメージしたウチダさんの版画作品が全面にラベリングされている
ブルーを基調に、星空をイメージしたウチダさんの版画作品が全面にラベリングされている

 きょうから新元号「令和」。新しい時代の始まりに合わせ、大和の新ブランドとして地ビール『大和育ち』が誕生した。今日から市内10店舗で販売が開始される他、市内の飲食店で飲むことができる。

 『大和育ち』誕生のきっかけは、一昨年11月の産業フェア。酒販組合の支部長を務める信濃屋牛山酒店の牛山保代表と市内でハーブ生産や加工品製造などを営む株式会社AGRU(アグル)の小川穣代表が、異業種で何かできないか、と話しをしたことから始まる。大勢の人がシリウスへと向かうプロムナードで『ビールフェスタ』がしたいね、とアイデアが膨らみ、その目玉として”地ビールを”と製造を検討することになった。

 アイデアを加速させたのが大和商工会議所主催の「まちゼミ」。昨年9月の「まちゼミ」では、小川さんが、地元の新しい特産として、ハーブを使ったビールを提案。牛山さんの店舗で開催したまちゼミの受講生とハーブの種類や名称などのアイデアを出し、そのアイデアを厚木市の酒造メーカーで地ビール「さがみビール」を製造・販売する黄金井酒造株式会社が形にし、この度の商品化にこぎつけた。

市民まつりでも販売飲食店でも提供予定

 『大和育ち』は、800リットルのビール藏で仕込む際、レモングラス、レモンバーム、レモンバーベナ、レモンタイム、ジンジャーの5種類のハーブで香りをつけていった。仕込みは4月2日に始まった。発酵後にハーブを添加する製造方法のため、「発泡酒」扱いとなるが、「味はビールとそん色なく、ビールの苦みを損なわず、むしろ日本人が飲みやすい爽やかな香りと味に仕上がった」と胸を張る。

 ラベルデザインは市内在住の版画家・ウチダヨシエさんが担当。ブルーを基調に、星空をイメージしたデザインになっている。ウチダさんは「地元で仕事ができてうれしい」と笑顔を見せた。

 『大和育ち』は330ミリリットルで税込597円。限定2000本で、神奈川県央小売酒販組合大和支部に加盟する10店舗で販売される他、市内複数の飲食店でも提供される。また5月11日・12日に開催の「大和市民まつり」や19日開催の桜ヶ丘朝市会場でも販売される。

仕込みの様子=黄金井酒造提供
仕込みの様子=黄金井酒造提供

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

「いもだんご」は平和の味

「いもだんご」は平和の味 社会

反戦の思い次代に――平原久子さん

10月18日号

令和の新風物詩に

大和JC

令和の新風物詩に 文化

26日(土)、一夜限りのイルミイベント

10月18日号

市内で早くも学級閉鎖

インフルエンザ

市内で早くも学級閉鎖 社会

昨季より2か月早く

10月11日号

「市民の台所」へ 食品充実

スーパー開店

「市民の台所」へ 食品充実 社会

11日ローゼン、12日イオンスタイル

10月11日号

南房総、食べて応援

10月5・6日大和駅前

南房総、食べて応援 社会

全国の「うまいもの」集結

10月4日号

14歳が「髪を切る」理由

タウンレポート

14歳が「髪を切る」理由 社会

知って「ヘアドネ」

10月4日号

市内ゆかりの選手が出場

市内ゆかりの選手が出場 スポーツ

あす開幕、茨城国体

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読者プレゼント

読者プレゼント

室内楽コンサート

11月4日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク