大和版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

大和高校創作舞踊部 大会史上初の県V4 「ダンスの甲子園」出場決定

スポーツ

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ部員たち
優勝を喜ぶ部員たち

 県立大和高校の創作舞踊部(保田明子顧問)が6月16日、県立青少年センターで行われた「第28回神奈川県高校総体ダンスコンクール」で4年連続6度目の優勝を果たした。4年連続の優勝は同大会史上初めて。同部は、8月に神戸で行われる全国大会に出場する。

 県高等学校体育連盟が主催する同大会には、県内55校が出場し優勝を争った。

 同部が披露した作品のタイトルは「フィボナッチシークエンス〜私たちを導く法則〜」。ひまわりの種の並び方や植物の葉序など、自然界にも関わりの深い「フィボナッチ数列」からインスピレーションを受けた。作品には「どの葉にも存在価値がある。全員が輝ける場所が必ずある」という強いメッセージが込められている。

 部員全体のスキルの高さと、テーマを追求したユニークな振り付けが評価され、300点満点中277点を獲得。4年連続の優勝を果たした。

 作品作りは例年、部員たちが持ち寄ったテーマの中から決定し、その後全員で使用する音や振り付けを考えるが、今年は音が先行。「踊ってみたい、おもしろい音楽がある」と持ってきた曲が、フィボナッチ数列にのっとって演奏されているものと判明したことからテーマが決まった。

 普段とは順番の異なる手法の作品作りに部員たちは苦戦。3月には製作に入ったが、作品により盛り上がりをつけるため、大会1週間前に曲を編集しなおすなど、本番直前まで試行錯誤を重ねた。

 同部は現在35人。うち半数が高校からダンスをはじめた初心者。部長の上瀧あかりさんは、部の魅力を「はじめは表現の仕方が分からなかったり得意なことがなくても、練習を重ねていくうちに自分の強みが見つかるところ」と話し、岡野さら副部長は「今回のテーマは自分たちとも重なるので、想いを込めて演技できる」と笑顔を浮かべた。

テーマを再追求

 県代表として出場する全日本高校・大学ダンスフェスティバルは、「ダンスの甲子園」と称される創作ダンス最高峰の舞台。8月6日から3日間、神戸で開催される。同部は、同大会も入賞常連校。2013年には、全国優勝に相当する文部科学大臣賞を受賞している。

 現在は「少しでも良い賞をとれるように」と作品の改良に励む。全国大会に向けての課題は、さらなるテーマの追求。今の振り付けが、伝えたいテーマに最もふさわしいのかを再度考えなおしているという。上瀧部長は「すべての動きに納得がいく演技ができるように、部員全員で作品と向き合って頑張ります」と意気込みを語った。

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のトップニュース最新6

接種スピード加速

会場、医師確保で態勢強化

接種スピード加速 社会

6月11日号

支援ハンドブックを作成

こもりびと

支援ハンドブックを作成 社会

いちはやく相談窓口へ

6月11日号

動画で呼びかけ虫歯予防

大和綾瀬歯科医師会

動画で呼びかけ虫歯予防 社会

「親子で歯磨きに役立てて」

6月4日号

プレミアム商品券発行へ

プレミアム商品券発行へ 政治

秋頃めどに調整中

6月4日号

名門復活に支援求む

大和南高校女子バレー

名門復活に支援求む スポーツ

県まなびや基金を活用

5月28日号

ワクチン予約をサポート

公所自治会

ワクチン予約をサポート コミュニティ社会

明日29日から自治会館で

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter