大和版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

大和高女子サッカー部 見えた2強の背中 県総合体育大会で3位

スポーツ

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena
県内各地から集まった文武両道の選手たち
県内各地から集まった文武両道の選手たち

 第11回「県高校総合体育大会 女子サッカー大会」(主催/県サッカー協会ほか)が4月17日〜5月8日にかけて県内で行われ、大和高校女子サッカー部(大澤江梨子顧問/部員数24人)が昨年に続いて3位となった。「創部初の全国出場」をチームの目標に掲げる大和にとって悔しい結果となったが、夏に向けすでに再スタートを切った。

公立の星冬に照準

 星槎国際湘南(大磯町)・湘南学院(横須賀市)の「私学2強」という県の勢力図において、大和は次いで両校の背中を追う「公立の星」だ。

 2回戦から登場した大和は準々決勝で相模原弥栄と対戦。守備の要で副主将の法師人茉莉(ほうしとまり)選手(3年)が怪我から復帰し、献身的なプレーで0封。1-0で公立のライバル対決を制した。

 準決勝の相手は2強の一角・湘南学院。前の試合から中5日という厳しいコンディションの中、大和は前線に蹴り出し、全員でプレスをかけるスタミナ勝負に打って出た。前半11分、風上を守る大和は左サイドからのロングボールに対応が遅れ相手のヘディングを防ぎ切れず痛い失点。

 大会前から注目選手として名前が挙がり、2回戦では5得点を上げたフォワードの見目優美(けんもくゆみ)主将(3年)を中心に攻勢をかけたが、得点はならず0-1で敗れた。

 3位決定戦は行われず大和は3位に。星槎-湘南学院で行われた決勝は星槎が1-0で制した。

 「最後は運動量の差が出た。社会情勢で十分な練習ができなかったというのはどのチームも同じ。言い訳はできない」と準決勝を振り返った見目主将。一方、星槎に1-3で敗れた昨年の準決勝に言及しながら「今回は2強にも勝てる手応えを感じた」と加えた。

 大和は冬の全国高校サッカー選手権につながる夏の県予選に向けてすでに再スタート。

 現在、部員は2・3年生が各6人。ここ数年の和高女子サッカーに魅せられた1年生はこの春、12人が入部した。24人中、大和市内の選手はわずか1人。見目・法師人の両選手は川崎市内から通学する。「皆、大和でサッカーがやりたくて勉強を頑張り、県内各地から来る」と大澤顧問。

 見目主将は「悲願の全国出場を成し遂げます。コロナに翻弄された高校生活でしたが、この仲間たちと全力でやり切りたい」と意気込んでいる。

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

<PR>

大和版のトップニュース最新6

小学校で活動10年

鑑賞授業ボランティア

小学校で活動10年 教育

アートで対話力育む

6月24日号

13区は大和・綾瀬・瀬谷

衆院県内区割り

13区は大和・綾瀬・瀬谷 政治

太氏、甘利氏コメント

6月24日号

アルティメット日本代表に

大和市内中学生2人

アルティメット日本代表に スポーツ

「息の合うプレー 世界でも」

6月17日号

県高校総体で関東切符

大和南陸上部

県高校総体で関東切符 スポーツ

3人そろって自己新

6月17日号

あいさつし合える地域に

南林間女性有志

あいさつし合える地域に コミュニティ社会

2年越しに周年の集い

6月10日号

「歴史的一戦」で勝利

大和シルフィード

「歴史的一戦」で勝利 スポーツ

女子リーグ初の日産スタ

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook