座間版 掲載号:2011年10月14日号
  • googleplus
  • LINE

車椅子のまま気軽に移動 市内の企業が開発

スロープ状で簡単に乗り降りできる
スロープ状で簡単に乗り降りできる

 自動車デザインやコンセプトカーモデルの制作を行っている市小松原の株式会社YDS(吉松晴雄代表取締役)が、車椅子に乗ったまま運転できる「WCV(ホイールチェア ビークル)」を開発した。東京ビッグサイトで10月5日から7日に行われた、世界の福祉機器を総合展示する「第38回 国際福祉機器展」で展示発表した。

 2年半の構想を経て完成。今月から一般に向けて販売が始まった。「WCV」は普通自動車の免許で運転できる3輪の乗り物。リチウムイオンバッテリーで走るEV車で、6時間の充電でおよそ25Kmの走行が可能。バッテリーは最大2セット搭載できる。フレームはアルミで軽量化を図り、本体は強化プラスティック。ハンドルでアクセル、ブレーキ、バックの操作ができる。

 また、車のドアを大きく開けることのできない駐車場などでも乗り降りが簡単にでき、日常生活をより便利にとの思いがこめられている。

 同社の川津和仁さんによると「事故などでバイクをあきらめていた方に人気がある。日常で気軽に乗ってもらいたい」と期待をこめる。問い合わせは同社【電話】046(204)4088まで。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク