厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

森の里クリスマスまつりの大会実行委員長を務める 宮野 利美(としみ)さん 厚木市森の里在住 69歳

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena

子どもたちのふるさとづくりに

 ○…今年で33回目となる冬の恒例行事「森の里クリスマスまつり」。今年4月から森の里地区自治会連絡協議会の会長を引き受け、イベントの実行委員長として初めてのまつりを迎える。「子どもたちのふるさとづくりの一環として、地域のふれあいの場となれば」。今年も地元の小中高校のステージ発表を中心に、模擬店などが出店する。

 ○…森の里に移り住んだのは37歳の時。今年で32年目を迎える。それまでは愛甲石田の集合住宅に住んでいたが、一軒家を探して見つけたのが森の里だった。「申込みが多くて、最初は次点だったんだよ。でも、キャンセルが出てね」と当時を振り返る。実際に森の里に住んでみて「自然が豊かで子育てに良い環境。公園も多いし、温泉も近いし」と話す。

 ○…岩手県で生まれ育ち、就職を機に18歳で厚木に。市内の工作機械メーカーに定年まで勤めた。地域の活動にも積極的に参加し、これまでに、こども会や自治会に携わり、現在は森の里自治連の会長のほか、森の里児童館運営委員長、市のこども会連絡協議会の理事などを務める。忙しい合間の気分転換は愛犬のポメラニアンとの散歩。「良い運動だね」と白い歯を見せる。

 ○…「今の課題は少子高齢化。森の里小も多い時は児童が1000人を超えていた。今では4分の1くらい」。しかし、だからこそふるさとづくりが必要だと考えている。「森の里にはこいのぼり、夏祭り、クリスマスと3大イベントがある。森の里の良さを知ってもらうきっかけになればいい」。そして、「大人になった森の里出身の子たちにゆくゆくは戻って来てほしい」と願う。森の里を担う次世代を育てていくためにも、力の限り地域づくりに関わり続けていく。

患者さんに寄り添った病院づくり

身近な人が"あれ?"と思ったら、早めのご相談を

https://yasuragi-atsugi.or.jp/

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

松尾 好高さん

Tobioギャラリーで水墨画展を開催中の

松尾 好高さん

厚木市鳶尾在住 84歳

9月18日号

沼田 力さん

8月1日付で愛川町副町長に就任した

沼田 力さん

愛川町角田在住 63歳

9月11日号

川端 よしみさん

厚木税務署長に就任した

川端 よしみさん

横浜市在住 59歳

9月4日号

藤田 理惠さん

厚木市保育会の会長を務める

藤田 理惠さん

岡田保育園理事長兼施設長 56歳

8月28日号

伊藤 雅彦さん

法務大臣から感謝状を授与された

伊藤 雅彦さん

AOI七沢リハビリテーション病院医師 66歳

8月21日号

熊澤 巌さん

第33代本厚木駅の駅長を務める

熊澤 巌さん

 50歳

8月14日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク