伊勢原版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

比々多公民館の講座で盆栽を教える伊勢原盆栽会の会長を務める 飯塚 満さん 善波在住 72歳

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena

盆栽とともに日進月歩

 ○…比々多公民館で開催されている盆栽入門講座で、講師を務める伊勢原盆栽会。80歳半ばから40代まで36人が在籍し、設立47年を迎えた。月に1回の勉強会のほか、市の文化祭や展覧会で日頃の成果を発表している。「仲間と親睦を深め、切磋琢磨している。固定概念は進歩を止めてしまう。日々進化する盆栽技術の習得のため、勉強が欠かせないんです」と微笑む。

 ○…生まれも育ちも市内善波。小学4年生のころ、年上の友人の影響で園芸と出会った。「花の美しさに感動した。花を育てている友達なんていなかったから、変り者扱いされていた」と懐かしそうに振り返る。当初はサツキや蘭を育てていたが、小さな鉢に自然を作る盆栽に魅了され、高校を卒業後、造園や土木の仕事をしながら盆栽の知識と経験を身に着けていった。30代で土木建築の会社を設立。現在は庭木の手入れなどを請け負う造園業を営む。「自然をいかに鉢に再現できるかが盆栽の魅力。木にも格があり、飾り方にも知識がいる。奥が深いし、幅も広いんです」

 ○…盆栽会に20代で入会するも、仕事の忙しさから一度退会。しかしその後も盆栽への情熱はますます高まり、多くの盆栽家に師事しながら、腕を磨いてきた。40代で再び入会。10年前に推薦され会長に就いた。「盆栽が世界で評価されているのに、次の世代が増えない。このまま衰退させるわけにはいかない」。自分の知識を多くの人に伝えようと、6年前に全日本小品盆栽協会の認定講師の資格を習得した。

 ○…目標は国内最高峰の展覧会「国風盆栽展」で頂点に立つこと。「いろいろ新しいことに挑戦している。鉢の数は数えたことないから分からないよ」。夢の実現に最も近い自信作を眺めながら楽しそうに語った。

伊勢原版の人物風土記最新6

鳥海 増雄さん

いせはら観光ボランティアガイド&ウオーク協会の会長に就任した

鳥海 増雄さん

沼目在住 76歳

5月20日号

金澤 雅義さん

伊勢原市吟剣詩舞会の会長を務める

金澤 雅義さん

高森在住 77歳

5月13日号

小嶋 鉄平さん

伊勢原駅前のゴミ拾い活動を行う「+プラス活動」のリーダーを務める

小嶋 鉄平さん

桜台在勤 37歳

5月6日号

亀井 貞之さん

れんげ祭りを主催する「ふるさと大田を守り楽しむ会」の会長を務める

亀井 貞之さん

下谷在住 85歳

4月22日号

成瀬 善之さん

高部屋神社の石積み改修を行った成瀬石材店の代表を務める

成瀬 善之さん

岡崎在住 43歳

4月15日号

雫石 啓祐さん

運用を再開した大田駐在所に勤務する

雫石 啓祐さん

下谷在住 37歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook