伊勢原版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

比々多公民館の講座で盆栽を教える伊勢原盆栽会の会長を務める 飯塚 満さん 善波在住 72歳

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena

盆栽とともに日進月歩

 ○…比々多公民館で開催されている盆栽入門講座で、講師を務める伊勢原盆栽会。80歳半ばから40代まで36人が在籍し、設立47年を迎えた。月に1回の勉強会のほか、市の文化祭や展覧会で日頃の成果を発表している。「仲間と親睦を深め、切磋琢磨している。固定概念は進歩を止めてしまう。日々進化する盆栽技術の習得のため、勉強が欠かせないんです」と微笑む。

 ○…生まれも育ちも市内善波。小学4年生のころ、年上の友人の影響で園芸と出会った。「花の美しさに感動した。花を育てている友達なんていなかったから、変り者扱いされていた」と懐かしそうに振り返る。当初はサツキや蘭を育てていたが、小さな鉢に自然を作る盆栽に魅了され、高校を卒業後、造園や土木の仕事をしながら盆栽の知識と経験を身に着けていった。30代で土木建築の会社を設立。現在は庭木の手入れなどを請け負う造園業を営む。「自然をいかに鉢に再現できるかが盆栽の魅力。木にも格があり、飾り方にも知識がいる。奥が深いし、幅も広いんです」

 ○…盆栽会に20代で入会するも、仕事の忙しさから一度退会。しかしその後も盆栽への情熱はますます高まり、多くの盆栽家に師事しながら、腕を磨いてきた。40代で再び入会。10年前に推薦され会長に就いた。「盆栽が世界で評価されているのに、次の世代が増えない。このまま衰退させるわけにはいかない」。自分の知識を多くの人に伝えようと、6年前に全日本小品盆栽協会の認定講師の資格を習得した。

 ○…目標は国内最高峰の展覧会「国風盆栽展」で頂点に立つこと。「いろいろ新しいことに挑戦している。鉢の数は数えたことないから分からないよ」。夢の実現に最も近い自信作を眺めながら楽しそうに語った。

伊勢原版の人物風土記最新6

今村 たみ子さん

「伊勢原市傾聴の会 ぴあ・こすもす」の代表を務める

今村 たみ子さん

下落合在住 71歳

8月23日号

佐藤 隆さん

設立40周年を迎えた伊勢原サンデージョギングで代表代行を務める

佐藤 隆さん

串橋在住 72歳

8月16日号

清水 道也さん

「Cheer up Do-kann『道灌 応援歌』」を作り、7月19日の太田道灌の集いで披露した

清水 道也さん

上粕屋在住 66歳

8月2日号

柳川 勉さん

夏休み伊勢原おやこ絵画・習字教室を20年にわたって開催している

柳川 勉さん

東大竹在住 62歳

7月26日号

高井 健太さん

第44回大納涼まつりの実行委員長を務める

高井 健太さん

池端在住 35歳

7月19日号

阿部 瞭子さん

創設40周年を迎えた伊勢原市ひとり親福祉協会「マーガレット」の会長を務める

阿部 瞭子さん

八幡台在住 79歳

6月21日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク