愛川・清川版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

累計個数は250万個超 CPCあいかわのキャップ回収

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena
キャップの入りの段ボールを車に詰め込む石田さん
キャップの入りの段ボールを車に詰め込む石田さん

 CPCあいかわ推進会(石田安秀代表)が取り組んでいるペットボトルキャップの回収。累計の回収量はこれまでに6335kgとなった。キャップ400個で約1kgになることから個数に換算するとおよそ253万個となる。

 ペットボトルのキャップを集めることで世界の子どもたちにワクチンを贈ることができる―。石田さんが新聞記事を通して活動を知ったのは2007年9月のことだ。地域の企業や団体、個人の協力者から集められたキャップが、横浜市を拠点に環境保全や子どもたちの健全育成を目的に活動するNPO法人「Reライフスタイル」へと届けられる。その後、樹脂メーカーに売却され、その対価を「認定NPO法人世界の子どもたちにワクチンを日本委員会(JCV)」へ募金することでワクチンが届けられる仕組みだ。

 石田さんは「意識さえ持てば誰でも参加でき、費用もかからない。極めて負担の少ないボランティアだと思った」と振り返る。その後、愛川町でも活動を広げたいとすぐに「CPCあいかわ推進会」を発足させた。自身が集めるのももちろんだが、町内の公共施設等に協力を依頼。数量がまとまった段階で随時、石田さんが回収に回っている。発足当初は町サポートセンター、両向公民館が主だったが、現在ではレディースプラザ、美化プラント、相模原市の学校・保育園など協力機関も少しずつ増えているのが活動の励みだ。

 石田さんは「町内には私たちだけでなく取り組んでいる方がいっぱいいる。数がどうではなく、参加意識を持っている人が増えていることがうれしい」と話している。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

当初予算案を発表

愛川町清川村

当初予算案を発表 社会

子育てや地域活性化に重点

3月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク