愛川・清川版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

かながわ駅伝 清川村21年ぶり出場 真鶴・湯河原と合同チーム

スポーツ

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena
清川村から出場する工藤選手(左)と村上選手
清川村から出場する工藤選手(左)と村上選手

 2月14日(日)に開催される第70回市町村対抗かながわ駅伝競走大会に、清川村が21年ぶりに出場する。清川村、真鶴町、湯河原町の合同チームで、清川村からは工藤大地選手と村上修斗選手が出場する。

 県内各市町村の代表が秦野市中央運動公園から県立相模湖公園までの51・9Kmを7人でつなぐ同大会。1947年に「郡市対抗駅伝競走大会」として始まり、第50回大会から、現在の市町村対抗の大会になった。

 清川村は、かつて郡市対抗の時代に愛甲郡チームとして選手が出場していた。しかし、市町村対抗となってからは、出場選手7人と補欠選手4人の確保が難しく、エントリーできない状態が続いていた。

 最後の出場から21年となる今年、節目の70回大会ということで県から3町村合同チームでの出場の呼びかけがあり、村では出場に向け準備を始めた。

 推薦で選ばれたのが、工藤選手と村上選手だった。

 工藤選手は村立緑中学校2年生。学校では陸上部に所属し、得意距離は1500m。出場について「かながわ駅伝という大きな大会に出ることができるのは、今まで頑張ってきた結果だと思います。なかなか出場することができない貴重な機会なので、村の代表として、自分の走りを頑張りたい」と意気込む。

 村上選手は東京学芸大学1年生。現在は都内在住だが、緑小学校4年生の頃から「やまびこマラソン」に参加し、緑中学校でも陸上部に所属した。厚木高校でも陸上部で活躍し、同大学でも陸上同好会に所属。ほぼ毎日トレーニングで走り込んでいる。かながわ駅伝の出場は昔からの悲願だったという。「一流の選手が集まる大会としていつか出たいと思っていた。当日は力を尽くしたい。将来的に、清川村単独で出場する第一歩になれたらとも思う。弟も陸上をやっているので、兄弟でかながわ駅伝を走れたら」と夢を語る。

 出場する区間は、工藤選手が第1区で、午前9時に秦野市中央運動公園をスタートする。村上選手は第5区で、午前10時11分頃に厚木市及川の八幡神社前交差点(第4中継所)をスタートする予定。

愛川・清川版のトップニュース最新6

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり

大空泳ぐ男たちの鯉のぼり 社会

町美化プラントで6日まで

5月1日号

絆の歌 母校に響く

絆の歌 母校に響く 教育社会

愛川中学4期生がクラス会

4月19日号

佐藤氏が接戦制す

愛甲郡県議選

佐藤氏が接戦制す 政治

447票差で初当選

4月19日号

春の大祭 記念の130回

田代半僧坊

春の大祭 記念の130回 文化

大般若御祈祷や写真展も

4月5日号

卒業証書は伝統和紙

田代小半原小

卒業証書は伝統和紙 文化

技術学び児童が手漉き

4月5日号

20年の活動に幕

愛川町西部地域まちづくり推進委員会

20年の活動に幕 社会

沿道イベントなど地域に尽力

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク