横須賀版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

「人と知識が繋がる場に」 やさしさテーマにウェビナー

コミュニティ教育

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼び掛ける北川さん
参加を呼び掛ける北川さん

 「やさしい学校」と題したオンラインプログラムが、この夏限定で開催されている。手掛けたのは市内を中心に若者や女性を対象にボランティア活動を展開する3団体。

 困っていそうな子どもを見かけたり、悲しいニュースを知った時に関心を寄せるが、何ができるかわからないから心にしまう、話す機会がないから関心を手放す―。そうした時に役立つ「人にやさしくする」知恵を学ぼうという取り組み。主催者の1つ「NPO法人Platfarm」の北川幸子理事長が昨年から衣笠で開いている、若者のシェルター役を担う私設図書館「衣笠駅徒歩1分図書館」で実地開催も予定していたが、緊急事態宣言の影響でオンライン限定に変更。8月5日から始まっており、今後は正しい情報の見分け方やキャリアカウンセラーによる職業紹介、互いを尊重し合うためにプライベートゾーンや性犯罪について学ぶ講座などを予定している。

 「どんなことにも優しさは紐づく。このプログラムに参加したことで同世代の若者や親以外の大人と知り合い、普段は切り出しにくい話題や些細なテーマも話しやすくなるような、人と知識が繋がるきっかけになれば」と北川さん。各講座はWeb申し込み制で、参加無料。詳細は「#やさしい学校」で検索。

横須賀版のローカルニュース最新6

アートな「小屋」で地野菜PR

アートな「小屋」で地野菜PR 文化

横須賀美術館に「koyart」出現

10月22日号

焼物×食材で新たな地産地消

市内飲食事業者

焼物×食材で新たな地産地消 文化

アーティスト村で陶芸体験

10月22日号

進化への挑戦 〜コロナ時代の経営改革・事業転換〜 【連載【1】】

岡田電機工業 「最適な職場環境」分析ツール開発

進化への挑戦 〜コロナ時代の経営改革・事業転換〜 【連載【1】】 経済

現場作業をデータで「見える化」

10月22日号

憩いのベンチ木骨煉瓦造り

非常用トイレ 設置を体験

非常用トイレ 設置を体験 社会

浄土寺で住民らが参加

10月22日号

「見て・感じて」鑑賞のススメ

横須賀在住の作家2人に聞く

「見て・感じて」鑑賞のススメ 文化

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook