逗子・葉山版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

逗子市来年度予算案 削減額増も11事業復活 子育て支援などに重点

政治

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 桐ケ谷覚逗子市長は今月15日、定例会見を開き、2019年度当初予算案を発表した。新規事業の原則抑制など財政対策を継続する一方、子育て支援などを中心に昨年度廃止されていた11事業を復活させた。

 初の予算編成となった桐ケ谷市長は「厳しい財政状況にあり、財政対策プログラムを継続していく」と表明。2019年度の削減額は17年度と比べて8億7127万となり、前年度(18年度)より1億5142万増となった。主に、自治体独自で行っていた事業を国基準に変更。知的障がい者等雇用促進事業など8事業を廃止・縮小した。

 一方、小坪小学校登下校交通整理員の配置や高齢者センター運営事業、図書館の開館時間変更など11事業を復活させた=上図。

 一般会計は182億8千万円。前年比0・3%増とほぼ同規模となった。特別会計などと合わせた全体は、355億5551万で4・7%増だった。

図書館の開館時間変更

 市民から要望が多かったという市立図書館の開館時間延長については、それまで一律午後6時だった閉館時間を、土曜・日曜は5時まで、利用者の多かった水曜・木曜を7時まで変更する。「現場を見て来館者数などのデータも参考に判断した」という。

 小児医療費助成事業は、対象を現在の小学6年から中学3年までに拡大。通院と入院の自己負担額を助成する。中学生の通院助成は10月から。所得制限は設ける。

 来年夏に迫った東京五輪に向けた予算も計上された。市内で事前キャンプを行うスペインセーリングチームとの交流を通じ、競技の普及及び機運醸成を図るとし、今後、具体的な企画を発表していくという。桐ケ谷市長は「廃止されたサービスでも、必要なものはその形を改めて考えながら、復活させていきたい」と強調。「入りと出のバランスを重視し、公共施設等の適正管理及び長寿命化対策についても取り組んでいきたい」とした。

 2019年度逗子市議会第1回定例会は2月22日(金)から3月19日(火)まで開かれる。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク