逗子・葉山版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

葉山町長柄にある長運寺の住職を務める 遠藤 陽仁(ようにん)さん 葉山町長柄在住 38歳

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

「僧侶として できることを」

 ○…「御用邸ゆかりの町にある寺として何かしたい」。思いついたのは、新たな時代がより良いものになるよう、檀家信徒だけでなく、地域の人たちとともに祈ることだった。新天皇が即位する5月1日、真言密教の難行「八千枚大護摩供」を行う。前日から無言・断食・不眠・不臥で、護摩木を焼きながら真言を唱えるというもの。約8時間にわたる荒行だが、境内では地元の飲食店などが集まる「福の市」も同時開催する。「お祭りのように、家族で楽しめる日になれば」と語る。

 ○…横須賀市出身。何かあれば近所の「お不動さん」にお参りする子どもだったという。中学卒業後、仏教の道を希望したが叶わず高校へ進学。その後、すし職人を目指して板前修業に入った。「今なら完全なブラック企業でした」と苦笑いするように、朝9時から翌午前2時まで働きづめの生活。7年過ごして腕は上達したが、煩悶する日々が続いた。

 ○…支えとなったのが、仏教書や瞑想だった。ちょうどその頃に出会った妻との縁から、26歳で高野山に入山。厳しい修行で知られるが「板前時代の方がきつかったかも」と笑いながら振り返る。その後、三浦にある妙音寺を経て2017年から長運寺の住職に。早くから地域に溶け込み、知り合いが知り合いを呼んで「福の市」やヨガクラスを開催。今後は書道や茶道教室も開く考え。「お寺は本来開かれているもの。人が集う場になれば」

 ○…分け隔てない性格だが、チラシやホームページは自分で作るなど、なんでも突き詰めるタイプ。寺を取り巻く環境が厳しくなっているからこそ、進むべき道は明確だ。「仏教は亡くなった人はもちろん、生きる人のための教えでもある。一人の僧侶として、できることを積み重ねていきたい」

逗子・葉山版の人物風土記最新6

田嶋 博雄さん

(一社)逗葉医師会の会長に就任した

田嶋 博雄さん

逗子市在住 71歳

9月20日号

松苗 幸希さん

セーラーとして東京五輪を目指している

松苗 幸希さん

葉山町在住 33歳

9月6日号

箕輪 亮佑さん

スペインセーリングチームの市民応援団で活躍する

箕輪 亮佑さん

小坪在住 23歳

8月23日号

尾前 芳樹さん

逗子・葉山コミュニティ放送株式会社の代表取締役社長に就任した

尾前 芳樹さん

横須賀市秋谷在住 55歳

8月9日号

梶川 精二さん

(公社)鎌倉法人会の会長に就任した

梶川 精二さん

葉山町下山口在住 68歳

7月26日号

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗葉神輿連合会の会長を務める

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗子市桜山在住 58歳

7月12日号

松村 桐杏(きりこ)さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

松村 桐杏(きりこ)さん

東京都在住 20歳

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク