逗子・葉山版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

ウインドサーフィンの世界選手権で準優勝した 豊岡 美枝さん 逗子市在住 50歳

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

自然体で楽しむ競技人生

 ○…今年7月にイタリアで開催されたウインドサーフィンの世界選手権に23年ぶりに出場し、準優勝を果たした。栄冠まであと一歩のところだったが、「思い入れのある大会にまた出場することができ、表彰台に上がれて嬉しかった」と顔をほころばせる。

 ○…15歳の時、友人に誘われて競技を始めた。すぐに頭角を現し、1986年、17歳の時に日本人女性として初めて世界チャンピオンになったのが、同大会だった。その後もトップ選手として活躍し、20代のときにはJOC強化指定選手に選出。日本代表として世界各地を転戦した。惜しくも五輪出場への切符は逃したものの、競技者としてかけがえのない経験を積んできた。

 ○…2004年に息子を出産したことで、一旦は競技から離れた。「なかなか時間が取れないので、海に出たとしても遊び程度でした」。しかし、子どもが成長し、時間に余裕が出てきた3年ほど前に、鎌倉や逗子海岸で開かれた大会に出場すると、アスリート魂に再び火がついた。「体力も感覚も衰えを感じたのと同時に、レースへの出場が目標になった。家族の理解と協力、そして何より目の前に海がある環境に後押しされました」という。

 ○…ウインドサーサーフィンの魅力を「海上では同じコンディションが2度とないこと。波や風の力を受け入れ、どう組み立てていくかを考え、進んでいくのが面白い」と目を輝かせる。所属する石渡マリンクラブを拠点に、週2〜3日は逗子海岸で練習に打ち込んでおり、来月にはタイで開かれる国際大会に出場する予定だ。「初めて風の力で進んだ不思議な感覚は今でも覚えている。これからも、楽しみながら競技を続けていきたい」と笑顔で語った。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

逗子・葉山版の人物風土記最新6

井ノ上 誠也さん

「ズヨコン×ヌマコン」を開催する

井ノ上 誠也さん

逗子市在住 19歳

11月29日号

豊岡 誠司さん

丸太からアウトリガーカヌー作りに挑戦している

豊岡 誠司さん

逗子市在住 54歳

11月1日号

長峰 宏治さん

逗子市内で様々な企画をプロデュースしている

長峰 宏治さん

逗子市在住 46歳

10月18日号

清岡 優子さん

バイオリニストで「デュオハヤシ国際コンクール」で優勝した

清岡 優子さん

逗子市久木在住 37歳

10月4日号

田嶋 博雄さん

(一社)逗葉医師会の会長に就任した

田嶋 博雄さん

逗子市在住 71歳

9月20日号

松苗 幸希さん

セーラーとして東京五輪を目指している

松苗 幸希さん

葉山町在住 33歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月29日号

お問い合わせ

外部リンク