逗子・葉山版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

朝市や「ビッグハヤマ」の積み重ねが結実 葉山ステーションの歩み評価 町商工会が全国グランプリ受賞

経済

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする栁会長(右)と石井局長
賞状を手にする栁会長(右)と石井局長

 葉山町商工会(栁新一郎会長)が昨年11月、「令和二年度二十一世紀商工会グランプリ」を県内で初めて獲得した。日頃の事業者に対する後方支援のほか、長柄の商業施設・葉山ステーション運営における安定的な経営や、地域貢献が評価された。

 この賞は全国商工会連合会が、1659ある中から顕著な実績をあげている商工会を顕彰するもの。今回は葉山ステーションの運営において補助金に頼らない経営を実践し、行政や地域住民と緊密な連携を取りながら、まちづくりも担っていることなどが評価され、栄冠に輝いた。

 昨年度の来客数は65万人にのぼる同施設。地場の新鮮な野菜や果物、海産物のほか一通りの日用品が並び、長柄や葉桜エリアの利便性向上にも寄与。「観光客だけでなく、地元の方にもご利用いただいていることが評価されて良かった」と商工会事務局長の石井宏一さんは笑顔で語る。

挑戦の歴史

 同施設オープンに至るまでは、紆余曲折と商工会関係者による挑戦の積み重ねがあった。

 原点は今から30年前。葉山鐙摺漁港で「ハヤマ・マーケット日曜朝市」を始めたこと。「補助金や商工会には頼らない」をモットーに、ゼロから農家や漁業関係者と連携して準備を進めたが、「チラシ代だけはどうしようもなく、商工会に負担してもらった。開催日を日曜にしたのは、毎回お知らせしなくても済むと思ったから」と栁さんは懐かしそうに振り返る。6年間ほどうまくいかない日々が続き、「もうやめようか」と意気消沈していたところ、当時の漁組合長から「諦めるな」と叱咤激励を受け継続。そのうち口コミが広がるなどして、今では町を代表する定期イベントとなった。ここでの出店を機にデパートのバイヤーの目に留まり、他地域に進出を決めた店舗も多い。

 同時期に始まった年1回の「ビッグハヤママーケット」とあわせ、週1回の「朝市」が軌道に乗ったことで、次なる目標である「日常的に地場産品が売れる場所」が見えた。しかし、「人は来るのか」「そんなに売るものを確保できるのか」といった不安は尽きなかった。柳さんらは日夜関係者と話し合い、疑問点を一つずつ解消し、「ようやく覚悟が決まった」のが2008年のとある日。その3日後、リーマンショックが世界経済を襲い、この計画も一旦保留となった。しかし、めげることなくこの期間に行政や地域住民と信頼関係を深め、2016年のオープンにこぎつけたという。

役割ぶれずに

 今回評価されたのは葉山ステーションの業績だけではない。審査に応募するには10数項目にわたる日頃の活動を全てクリアしていることが必要で、「経営相談など職員が会員に真摯に向き合ってきた積み重ね」と栁さん。身近な場所に自分の商品を売る場所があることがモチベーションに繋がる事業者も多い。生産者と消費者、そして地域全体を活性化させるハブの役割を担う葉山ならではの「駅」は、これからも地域とともに歩みを進める。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

弦楽合奏を堪能

弦楽合奏を堪能 文化

小泉ひろしさんが指揮

4月30日号

学生繋がる機会に

学生繋がる機会に 文化

団体の活動ウェブで紹介

4月30日号

展示スペースを一新

展示スペースを一新 文化

葉山まちづくり館

4月30日号

「競馬コトはじめ!」

大人の趣味講座

「競馬コトはじめ!」 社会

楽しみ方、面白さ、奥深さ

4月30日号

話題の場所に記者潜入

話題の場所に記者潜入 社会

レアな情報サイト

4月30日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 経済

中小企業の15事例掲載

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「競馬コトはじめ!」

大人の趣味講座

「競馬コトはじめ!」

楽しみ方、面白さ、奥深さ

5月8日~5月8日

逗子・葉山版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter