鎌倉版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

神奈川県美術展「書」部門で大賞を受賞した 生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん 西御門在住 60歳

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena

「書の可能性、生涯かけ追求」

 ○…真っ赤な背景に金で龍がデザインされた紙。そこに唐の詩人・李商隠が人目を忍んだ情交を詠んだ詩を乗せ、神奈川県美術展「書」部門の大賞を受賞した。「書というと墨一色のイメージが強いが、様々な可能性があることを提示したかった。背景に負けない線の切れ味が表現でき、レベルの高いこの展覧会で評価してもらえたことは素直にうれしい」と微笑む。

 ○…和歌山県出身。母の手ほどきで書道を始めたのは6歳頃。「小学2年生の時の字を今見ても『かな』はほぼ完成している」というから、早熟ぶりが分かる。様々な書道展で入選を重ね、書道学科のある大学で学んだ後、神奈川県の教員となった。現在は「県内でも10人ほど」という書道教諭として茅ヶ崎高校で教鞭をとるかたわら、「蘭嵩」の号で創作活動を続ける。

 ○…「書道とは瞬間の心情や人間性を定着させる芸術。強弱やかすれなど無限の表現がある筆以上に適している道具はありません」。語り始めると、自然と言葉が熱を帯びる。「理想の書を求める過程で培った思考や美意識。それが今の自分を形作っている」と感じるだけに、文字を書く機会そのものが少ない現代の人々に危機感を覚えるという。「自分の手で字を書かないと物事の順序が分からない。言葉について深く考えないからSNSで乱暴な言葉を簡単に発し、困難に当たるとすぐにくじけてしまうのでは」

 ○…妻の実家がある鎌倉に居を構えたのは34歳の時。報国寺の竹林や月明かりに浮かぶ由比ヶ浜海岸など、お気に入りの風景は数多い。「通勤の際、毎朝のように鶴岡八幡宮を通るのですが、そのたびに心が澄んだような感覚になる」。鎌倉の歴史や自然からも啓示を得ながら、エベレストに例える書の高みを一生かけて追求するつもりだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

齋藤 俊光さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

齋藤 俊光さん

川崎市在住 59歳

10月4日号

松原 洋平さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

松原 洋平さん

大船在住 34歳

9月27日号

矢野 元晴さん

自身初となる画集「平成鎌倉の記憶」を出版した水彩画家

矢野 元晴さん

浄明寺在住 30歳

9月20日号

高橋 健治さん

NPO法人鎌倉ガイド協会の会長を務める

高橋 健治さん

腰越在住 75歳

9月13日号

高橋 浩太郎さん

全国消防救助技術大会「ロープブリッジ渡過」種目でトップタイムを記録した

高橋 浩太郎さん

城廻在住 29歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク