茅ヶ崎版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

茅ヶ崎ゴルフ場 住民説明会に300人 避難場所、渋滞に不安の声

経済

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
説明するGDOの伊藤取締役(右)
説明するGDOの伊藤取締役(右)

 来年3月末に運営会社が撤退する茅ヶ崎ゴルフ場(菱沼海岸/約20 ha)を巡って、土地所有者の神奈川県ら3者と、今年9月にゴルフ場利活用事業の優先交渉権を得た株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)を代表とするグループが、11月16日と20日に住民説明会を開き、両日合わせて市民約300人が参加した。

 説明会には、土地所有者の県・茅ヶ崎協同株式会社・茅ヶ崎市と、事業者のGDO・亀井工業ホールディングス株式会社・特定非営利活動法人湘南ベルマーレスポーツクラブが出席した。16日に浜須賀会館で行われた会では約200人が参加、20日に市役所で行われた会では約100人が参加した。

 茅ヶ崎ゴルフ場を巡っては、今年9月に県が優先交渉権者にGDOを代表とするグループを選定。事業コンセプトに、ローカルファーストを基本に未来へ向けた茅ヶ崎のランドマークの創造などを掲げ、従来のゴルフ場に加えて、ホテルやオフィスといったにぎわい交流エリアを設ける。

 GDOにとって、初めてのゴルフ場運営となる。同社の伊藤修武取締役は、「全国2000コースに携わってきたが、茅ヶ崎ゴルフ場の経験を基に、さらに具体的な提案ができる」と話した。県との土地貸借契約は30年としており、ゴルフ場に求められるフロント機能やレストラン機能をホテルなどと集約し、収益確保を見込む。

コースは大幅変更なし

 質疑では、茅ヶ崎ゴルフ場の現コース維持に安堵の声が上がった一方で、避難時にどこから入ればいいのかわからないといった声や、県の借地料に疑問を投げかける声が相次いだ。

 ゴルフ場の近くに住む女性は、「突然ホテルができたら渋滞が心配」と疑問を投げかけた。ゴルフ場の裏手に住む男性は「にぎわい交流エリアはなぜこの場所なのか」と質問した。茅ヶ崎市はいずれも、「広域避難のエリアを確保するためににぎわい交流エリアをこの場所としてあるが、渋滞などの問題が起こらないよう関係機関と今後検討していく」との説明に留めた。

 今後は、市がまちづくり計画を作成し、素案ができ次第、市民にパブリックコメントを行う。都市計画審議会を通れば都市計画が変更となり、造成・建築工事へと至る。工事開始時期や供用開始時期は明らかにしていない。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

「コロナ禍から回復の年に」

「コロナ禍から回復の年に」 政治

佐藤市長新春インタビュー

1月1日号

2022年茅ヶ崎の話題は

2022年茅ヶ崎の話題は 社会

生活に影響する事業も

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook