茅ヶ崎版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

フットサル Fリーグ新人賞を獲得 堤在住・毛利元亮選手

スポーツ

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
毛利元亮選手
毛利元亮選手

 フットサルトップリーグ・Fリーグの2020/21シーズンが先ごろ終了し、東京都町田市をホームタウンとする「ペスカドーラ町田」に所属する毛利元亮選手(19・堤在住)が、チーム初の新人賞に輝いた。

  ※  ※  ※

 175cm・71kgの毛利選手は、フィジカルの強さを武器に、相手を背負って中へ切り替えし、思い切り右足を振り切る。得意とするこのプレーは「ゲンスケ・カットイン」と称され、シーズン終盤5試合で7ゴールを上げる活躍をした。

 新人賞は選手間の投票によるもので、「可能性があるとも思っていたし、相手が嫌がるプレーを散々してきたので無理だとも思っていた」と振り返る。

 チーム設立22年で新人賞の受賞は初。ニュースを見た友人から受賞を知らされた毛利選手は、「1人目として名を残せるのは素直にうれしい。来年以降も後輩に後に続いてもらいたい」と喜んだ。

「目標は世界の頂点」

 幼稚園の時に「なんとなく」サッカーをはじめ、小学生時代は中村俊輔選手(横浜FC)も所属していた横浜深園SCで自主性や技術面を磨いた。

泥臭いプレーに憧れ

 中学では、SUERT(スエルテ)E FC Chigasakiでプレー。「精神面でとても鍛えられた」と懐かしむ。

 小・中学とサッカーを続けるうちに、Jリーグや日本代表、海外でも活躍する岡崎慎司選手のような泥臭く熱いプレーに憧れを抱くように。与えられたポジションを器用にこなすも、飛び抜けた才能を開花させられず、試合に出られない日が続いた。見かねた母の勧めで中3の時、ペスカドーラ町田の下部チームに飛び込んだ。

 「似て非なる」サッカーとフットサルの二足のわらじ。SUERTE FCでは、チームメイトだった国本玲央選手(19・レノファ山口)とともに日本クラブユースサッカー選手権(U-15)関東大会に共に出場した。悩んだ進路。結果、狭いエリアで相手と競り合いながらゴールを競う「泥臭さ」が性に合い、フットサル一本に。盟友・国本選手とは、「お互い頑張ろう」と今でもエールを送り合っている。

勝負強さが開花

 茅ケ崎高校に進学し、選手活動に専念するため、3年時に通信制高校に転校。17歳でU-18チームを大会MVPの活躍で日本一に導いた。同じ年、飛び級でU-19の日本代表にも選出。世界での経験も積んだ。「フットサルを選んだ自分の選択は間違っていなかった。背中を押してくれた両親にも感謝」とはにかむ。

 試合を重ね、自信がついたことで勝負強さが開花した。「次は得点王、ベストファイブ、MVPを狙う。そして町田を日本一に、代表としてW杯への出場、世界の頂点に立つのが目標」と目を輝かせた。
 

果敢に攻め込む毛利選手 ©ペスカドーラ町田
果敢に攻め込む毛利選手 ©ペスカドーラ町田
練習前のストレッチ
練習前のストレッチ

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

SDGs意識し公園に植栽

松浪小

SDGs意識し公園に植栽 教育

次年度以降の継続見据え

5月7日号

来年4月からごみ有料化

来年4月からごみ有料化 社会

指定袋の購入が必要に

5月7日号

8日に「天才万博」開催

第一カッターきいろ公園

8日に「天才万博」開催 社会

子どもに夢持つ大切さを

4月30日号

アロハビズ始まる

アロハビズ始まる 社会

市役所で関連展示も

4月30日号

海水浴場開設へ準備

サザンビーチ

海水浴場開設へ準備 社会

海開きは7月中旬目途に

4月23日号

ウイグル人 茅ヶ崎で訴え

ウイグル人 茅ヶ崎で訴え 社会

「命を救わなければ」

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter