平塚版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

新聞で「善意」広がれ 創刊号は被災地支援活動にスポット

社会

 市内の陰日向で活躍している市民ボランティア。これに光を当てる地域新聞、『LIAISON(リアゾン)』(A2版)が8日、創刊した。地域の市民活動団体に対し、個人ボランティアや行政をマッチングさせるなどして、支援活動をしている市民団体、「NPOサポート平塚」(横田裕代表)が発行した。

「市内には幾つもの市民団体があって、それぞれの立場からユニークな活動をしています。多くの市民にそれを知ってもらい、協働の機運を高められれば」。

 新聞を発行した意義について、「NPOサポート平塚」の坂田美保子さんは話す。市民活動の輪を広げる媒体をつくろうと、今年3月から発行を模索していたという。

 今回の創刊号では東日本大震災を受け、市内での被災地支援の広がりや、地域防災に関する情報で紙面の大半が割かれた。被災地の知的障害者を受け入れたNPO法人をはじめ、街頭で募金を寄せる市民のメッセージ付顔写真、地域防災力に関する市民からの寄稿、チャリティーイベントの告知など、多くの情報が読み応え満点に紹介されている。

 編集に関わった坂田さんや鈴木惠子さんらは、親交のあった市民団体から情報を収集し、今年4月ごろから取材や寄稿の依頼をスタート。紙面デザインも坂田さんのオリジナルで、全て手づくりで仕上げられた。

 鈴木さんは「どんな情報を載せるのか、それを読者にどう伝えれば良いのか。記事の書き方や編集作業には苦心しました」と話す。

 経費は団体の会費から捻出し、部数は200枚。少ないながらも、人の目に触れやすい場所を選んで置いていくという。今後は、地元企業への広告提案なども視野に入れ、年4回を目処に発行していく。

 坂田さんは「市内の市民活動の情報を一元化することで、市民が社会に貢献したいと思った時に、その受け皿になれるような紙面づくりをしていきたい」と話していた。

 紙面に関する問合せは、坂田さん【携帯電話】080(5679)4921
 

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク