平塚版 掲載号:2015年1月15日号
  • googleplus
  • LINE

(公社)平塚青年会議所(平塚JC)の理事長に就任した 城田 孝子さん 39歳

平塚にきらめきの息吹を

 ○…40歳までの経済人が、まちづくりの観点から魅力ある平塚の形成を担う平塚青年会議所(平塚JC)で2007年から活動を続ける。「年間を通じて七夕の魅力を感じられるような事業などに携わり、会員一人ひとりが主体的に生き生きと活動したい」と、理事長として迎えた年の幕開けにふさわしい笑顔を見せる。

 〇…今年度のスローガン『きらめく〜夢、魅せるちから〜』には、夜空に揺れる七夕飾りのイメージに加えて女性理事長ならではのこだわりも。「これまでは男性の理事長が多かったので、スローガンも少し硬かったかなって。平仮名なら柔らかい印象を与えられるし、きらめくという言葉は七夕のビジョンともつながる」。仮想の街で、小学生が社会体験に挑戦する「ぷちひらつか」の地域版を推進することも目標の一つだ。公民館や小学校のグラウンドを会場に、地域の手で子どもたちの社会観や郷土愛を醸成することで、平塚の魅力を次代につなげる。

 〇…職業は弁護士。大学在学中に進路を考えた際、総合職に就くも数年で退職してしまった先輩などの姿を目にする中で、「資格を取って社会とより深く関わろう」と考えた。司法試験と2年間の研修を経て、2002年に弁護士登録。小田原や横浜の弁護士事務所で実務経験を積み、3年前、念願だった地元平塚での開業を迎えた。投資トラブル、サクラサイト商法などの消費者問題を中心に扱い、「相談者との信頼を築きながら、不安を取り除くことが大切」と、誠実な対応で問題解決に粉骨砕身する。

 〇…JC活動は、弁護士としての仕事にも大きく役立っているという。「昔は自分を良く見せなきゃとか、しっかり話さなきゃということばかり考えていた。JCで多くの人と出会い人前で話す機会も増えたことで、自分らしく振る舞うことができるようになったと感じます」と清々しい。成長の集大成となる1年、たおやかに駆ける。

平塚版の人物風土記最新6件

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平田 昇さん

NPO法人平塚のら猫を減らす会の理事長

平田 昇さん

2月1日号

土井 浩さん

元平塚市博物館長で、金田の郷土史本『わが住む里の江戸時代―かねだ―』を執筆した

土井 浩さん

1月25日号

岩崎 和輝さん

「第6回三十路式」の実行委員長を務める

岩崎 和輝さん

1月18日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月11日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク