大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年8月14日号 エリアトップへ

戦争の記憶 引き継ぐ 二宮町で平和の集い

社会

掲載号:2015年8月14日号

  • LINE
  • hatena
コーラスを披露する二宮小学校の児童たち
コーラスを披露する二宮小学校の児童たち

 戦争の記憶を後世へ伝え、平和を願う「ガラスのうさぎ像平和と友情のつどい」が8月5日、二宮町のラディアンホールで開かれた。戦後70年を迎えた今年で25回目。子どもから戦争体験のある高齢者まで幅広い世代の町民らが参加し、戦争犠牲者へ黙とうを捧げた。

 同町と町教育委員会、ガラスのうさぎ像平和と友情推進委員会が共催。あいさつに立った村田邦子町長は「大きな節目の年。戦時中、戦後の記憶をしっかり受け止め、それらの記憶と平和を次の世代へつなげていく決意を新たにしたい」と述べた。添田孝司町議会議長と池田東一郎県議会議員も平和を願う言葉を寄せた。

 また、二宮西中学校の生徒がガラスのうさぎ像の碑文を朗読。同校吹奏楽部による演奏と二宮小学校児童の合唱が披露された。会場に集まった人々も一緒に「ふるさと」と「ガラスのうさぎ」を歌った。後半は映画『ガラスのうさぎ東京大空襲』の上映が行われた。

 展示ギャラリーでは同町の戦争被害や広島と長崎の原爆などについて伝えるパネル展示があり、来場者が熱心に見入った。

   ◇  ◇  ◇

 1945年8月5日、二宮駅周辺を米艦載機P51が襲った。この時の機銃掃射で父を亡くした高木敏子さんは、自身の戦争体験を元に児童文学『ガラスのうさぎ』(77年出版)を書いた。NHKでドラマ化された翌年の81年、町民たちの寄附によって平和と友情のシンボル・ガラスのうさぎ像が二宮駅南口に建てられた。

 像の周りには今年も町内外の人々が平和への祈りを込めて作った千羽鶴約9万羽が17日まで飾ってある。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

10年後の二宮町へ提言

10年後の二宮町へ提言 文化

町民・中学生ワークショップ

10月15日号

名産復活めざし初収穫

二宮町

名産復活めざし初収穫 社会

若手町民らが落花生栽培

10月15日号

一般会計決算を不認定

二宮町議会

一般会計決算を不認定 政治

東大跡地活用など問題視

10月8日号

木谷陽晴(ひばる)君が王者に

二宮中1年

木谷陽晴(ひばる)君が王者に スポーツ

キック アマ34kg級

10月8日号

OG講師に環境を考える

OG講師に環境を考える 教育

大磯中でオンライン講演会

10月1日号

自宅療養者に食料配送

中井町

自宅療養者に食料配送 社会

無償で7日分と日用品も

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook