大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

法務局へ帰宅困難者受け入れ 二宮町が災害時の協定締結

社会

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena
村田町長(左)と降旗支局長
村田町長(左)と降旗支局長

 地震や台風などの災害に備え、二宮町は横浜地方法務局西湘二宮支局と「災害時における施設利用の協力に関する協定」を11月8日に締結した。非常事態に迅速な対応を取ることがねらい。

 災害によって公共交通機関の運行がストップし、帰宅困難者が発生した場合、同支局は町の応援要請を受けて帰宅困難者のために施設の一部を一時避難場所として開放する。また、救援物資の保管場所としても法務局を利用できるよう、両者が連携を強化していく。

 2011年3月11日に起きた東日本大震災ではJR東海道線が不通となり、二宮駅で足止めされた人たちが出た。町は駅前町民会館を開放。帰宅困難者約80人が館内で一晩を過ごした。

 1958年に建てられた駅前町民会館は、老朽化と耐震性の低さから今年3月末をもって閉鎖。この夏に建物が取り壊された。同会館に替わる一時避難場所を必要としていた町に、法務局が「災害時に何か協力できることはないか」と声を掛けたことで今回の協定締結につながった。

 協定書を交わした村田邦子町長は「駅周辺に位置する法務局から協力の申し出をいただき、ありがたい」と謝意を述べた。同支局の降旗優次支局長は「この協定に限らず、様々な面で地域に協力をしていきたい」と応えた。

 台風24号の接近で9月30日にJR東日本や私鉄が計画運休を行った際は、町がJRから事前連絡を受け、町民センターの和室を一時避難場所として用意した。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

参道を柔らかに照らす

参道を柔らかに照らす 社会

竹あかりフェスタ

11月15日号

移動や避難所の課題語る

二宮町

移動や避難所の課題語る 政治

議会報告と意見交換

11月15日号

まちかど事件簿

町長動向

大磯・二宮・中井

町長動向 政治

11月15日号

こんもり見ごろ

こんもり見ごろ 社会

二宮 善波さん宅のざる菊

11月15日号

中世の古楽のクリスマス

中世の古楽のクリスマス 文化

大磯のhouse Iで

11月15日号

目指せ片づけ名人

目指せ片づけ名人 教育

整理収納の基本とコツ

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第32回「原敬【7】」文・武井久江

    10月25日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク