足柄版 掲載号:2014年3月29日号 エリアトップへ

山北町のイベントで町民による路上パフォーマンスを呼び掛けている 松永 文也さん 山北町山北在住 50歳

掲載号:2014年3月29日号

  • LINE
  • hatena

なんでも楽しく挑戦

 ○…「山北の桜まつりでできたら、きっと楽しいはず」-。そんな思いで「町民による路上パフォーマンス」を企画。役場の協力も取りつけて開催にこぎつけた。第41回やまきた桜まつりのイベント日(3月30日)に山北町体育館前を陣取り、町内のパフォーマーに演じる場所を提供する。「演者はもちろん町の人たちも桜の中で楽しめるようにフリーセッションも仕掛けてみたい」

 ○…1963(昭和38)年、山北町の生まれ。子どもの頃は「スポーツが苦手、なかでも球技は大の苦手だった」。中学時代に興味を持った、映画部のある西湘高校から法政大学に進学。下宿先とキャンパスを往復しながら映画制作に熱を入れ、若手監督の登竜門「ピア・フィルム・フェスティバル(PFF)」にも挑戦したが、卒業後は神奈川県庁に就職した。「クリエイターとして評価されなければ違う仕事をすると決めていた」とその訳を話す。

 ○…公務員生活も6年が過ぎた頃「もっと挑戦したい」と、趣味で楽しんでいたパラグライダーの世界へ飛び込み、輸入商社で働きながら競技生活も送った。1992年から99年にはワールドカップで世界を転戦した。90年代後半になると凧で受けた風を推進力に使う「カイト」がマリンスポーツに台頭。魅力を感じカイト用品の輸入販売を始め、埼玉から山北に拠点を移した。「決まったことの繰り返しはどうも合わない。新し物好きで何でも楽しみたいほう」と自己分析。

 ○…今回のイベントでは「今まで奥さんに任せきりで何もしてこなかった」という地域にその千里眼と行動力を傾注する。「桜を愛でながら演者と観客が一緒に笑ってくれて、将来的にはあちこちからその音が聞こえてくる。そうなったら大成功」だという。「夢は?」との問いには「ずっとニコニコして暮らしたい」とひと言。敷地内の母屋には両親、自宅では妻と子ども3人の5人で暮らしている。

足柄版の人物風土記最新6

古屋 沙樹さん

日本人で初めて国際的な映画音楽コンクールでトップ10入りした

古屋 沙樹さん

南足柄市在住 30歳

7月31日号

相田 一己(かずみ)さん

神奈川県内唯一の山岳救助技能指導官を務める

相田 一己(かずみ)さん

山北町在住 55歳

7月17日号

秋山 勝さん

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した

秋山 勝さん

小田原市城山在住 59歳

7月10日号

遠藤 康弘さん

さがみ信用金庫の新理事長に就任した

遠藤 康弘さん

開成町在住 65歳

7月3日号

高村 雅美さん

Judy’s Dinerを経営する

高村 雅美さん

南足柄市在住 46歳

6月26日号

山本 茂富さん

画家兼バッジ製作者として活動する

山本 茂富さん

二宮町在住 62歳

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月31日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter