足柄版 掲載号:2020年2月15日号 エリアトップへ

廃トンネル内ウド出荷へ 2月15日から販売開始

経済

掲載号:2020年2月15日号

  • LINE
  • hatena
絶好の環境で育つウド(2月11日撮影)
絶好の環境で育つウド(2月11日撮影)

 (一社)山北町シルバー人材センターが、今年も廃トンネルを利用してウドを栽培しているが、昨年よりも2カ月以上早い2月15日(土)から販売することがわかった。昨年比で5倍の出荷量を見込んでいる。

山北町シルバー人材センター

 同センターの自主的な取り組みとして昨年から始まったウド栽培。「丹沢ウド」と名付けて試験的に販売すると、シャキッとした食感と独特な香りで人気商品に。手ごたえをつかんだ同センターは、横浜銀行のSDGs私募債の寄付を受けて、出荷量を5倍に増やすことを決めた。

 販売は2月15日の開始から何度か段階的に行う予定で、昨年の道の駅山北に加え、南足柄市のわくわく広場、松田町の桜まつり会場(内藤農園直売所)の3カ所で扱う。

 石川治夫理事長は「ウドは未病のケアにも最適だといわれるが、神奈川県で生産しているのはウチだけだと聞いている。特産化へ力を入れていきたい」と話している。かつては横浜市の在日米軍上瀬谷通信施設で栽培されていたというが、土地の返還により現在は行われていないという。

 栽培している廃トンネル(箒沢隧道)は、同センターが焼きいもに使用しているサツマイモの保管庫の役割も。周囲を発泡スチロールで覆い、剪定チップの発酵熱を利用するなどして適温を保っている。そのほとんどが受託事業といわれるシルバー人材センターだが、山北町のこうした自主的な取り組みは、昨年大いに話題となった。

 問合せは同センター【電話】0465・75・3219へ。
 

新道(左)の隣にたたずむ廃トンネル
新道(左)の隣にたたずむ廃トンネル

足柄版のトップニュース最新6

ペット同行避難を支援

ペット同行避難を支援 社会

南足柄市 獣医師会と協定

3月28日号

山北町 御殿場市と協定

山北町 御殿場市と協定 経済

関係人口の創出、拡大へ

3月28日号

高校生の2人が受賞

高校生の2人が受賞 教育

南足柄市 横溝千鶴子教育表彰

3月21日号

澁谷壽光さんが名誉町民

澁谷壽光さんが名誉町民 社会

松田町 12年ぶり3人目

3月21日号

山北お峰入り 国際保護へ

山北お峰入り 国際保護へ 文化

ユネスコ無形文化遺産

3月14日号

推せんに石井さん

推せんに石井さん 文化

南足柄市観光写真コンクール

3月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク