秦野版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

サッカーUー15 秦野FC 初の関東へ 創部以来、初の快挙

スポーツ

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
クラブユース4回戦、関東決定時のメンバーら
クラブユース4回戦、関東決定時のメンバーら

 秦野フットボールクラブ(FC)のジュニアユース(中学生)チームが、「日本クラブユースサッカー選手権(U―15)大会神奈川県大会」でベスト8入りし関東大会進出を決めた。1980年のクラブ創設以来、秦野FCが関東に駒を進めるのは初となる。

 同大会はクラブチームで最も大きい大会の一つ。クラブチームと部活動混合で夏に行う高円宮杯と同様全国に通じる大会で、県予選では上位12チームが関東大会に進むことができる。

 「先輩達をこえていく」をテーマに過去の試合データを蓄積し、実力を高めてきた同チーム。相手のレベルや特徴、審判、天候などを全員で共有し、都度状況に適応してきた。

 そのため今大会では試合フォーメーションを2パターン用意し、状況に応じ選択。例年に比べフィジカルが強い選手が揃った強みも生かし戦った。ジュニアユースの岡村吉朗コーチによると、厳しい試合が続いたが、選手たち一人ひとりが全力を出し、粘り強いプレーで一つひとつ勝ち上がっていったという。

 特筆すべきは、1試合目から4試合目まで無失点に抑えた試合運び。厳しい意見にも耳を傾け自分の足りない部分と向き合ってきたという森口尚紀選手(GK)は、ゲーム展開を読んだ安定のプレーで348分の無失点記録を打ち出した。また、小川塁選手(FW)はストライカーとしてゴールへの意欲と冷静さを身に付け、4試合連続ゴールを決めている。例年決定力不足だった秦野FCにとって、大きな得点力となった。

 一方で、チャンスを生かしきれない場面がいくつもあったという課題も残る。「できること、できないことがはっきり見えた。まずは関東大会で1勝を目指したいが、勝ち負けだけではなく中身も大事にしたい。OBの東海大・水越陽也選手のように大きな舞台で活躍し、地域のサッカーに貢献できるようないい選手が育って欲しい」と多田浩行理事長は話した。
 

秦野版のトップニュース最新6

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

秦野にロープウェイ!?

秦野にロープウェイ!? 経済

市がベンチャー企業と協定

7月9日号

市内一部に被害

東海・関東豪雨

市内一部に被害 社会

土砂災害等に今後も警戒

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter