厚木版 掲載号:2017年9月1日号

ZOOM UP

「女性だからできること」 社会

厚木消防署職員 梅原遥さん

大型車両の免許取得も目指している
大型車両の免許取得も目指している
 張りのある明るい声が響く。今年4月に厚木消防署に配属になった梅原遥さん(21)は、活動服に身を包んで誇らしげに笑った。「今は大型免許の取得を目指しています。早く一人前の消防士になれるように」。厚木市消防本部には、246人が所属。そのなかで消防隊員として活動する女性は梅原さん一人だ。「もっと女性の職員が増えればいいなと思います。女性消防隊員だからこそできることに力を入れていきたい」

***

 ▽昨年12月から現場に出て救急支援や街中での建物検査、山岳救助などを経験した。「色々な仕事があるけれど、やっぱり消防隊員になりたい」と望んだ。出身は湯河原町。湯河原小、湯河原中、日大三島高校へと進学した。専門学校で2年学んだ後、「制服を着る職業に就きたい」と、昨年4月に厚木市に採用され市内下津古久の消防学校へ入学した。

 ▽高校時代には陸上7種競技で東海地区8位の成績を残した。消防学校では、「持久力には自信があったけれど、筋力がなかった」と、日々懸垂をしてトレーニング。その結果、体力試験で同期247人中10位以内に入り、体力賞を受賞した。「実力があれば消防隊員にもなれる」との言葉通り、目標だった消防隊に配属が決まった。

 ▽数少ない女性消防隊員として、「有事には、不安を抱える女性や子どもに寄り添えるようになりたい」と語る。救急隊で活動した際に女性患者から聞いた「あなたのような女性の隊員がいて良かった」。その言葉が胸に残る。活動服を着た凛々しい姿が印象的だが、休日は20代の女子。「ピアノを弾いたり料理を作ったりして、息抜きも忘れないようにしています」。人懐っこい笑顔を見せた。

関連記事powered by weblio


花の郷墓苑 厚木宮の里

永代供養塔好評受付中。合祀御一霊25万円より。管理費・寄付金等はかかりません

http://reiensisetu.com/miyanosato/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

プロの誇りをハンドルに乗せて

郷土食で知る風習

足元からPR、マンホールに注目

9月10日は下水道の日

足元からPR、マンホールに注目

9月8日号

駅前で署名活動

駅前で署名活動

9月8日号

北村さんが最優秀賞

時を守る標語

北村さんが最優秀賞

9月8日号

19議案が上程

19議案が上程

9月8日号

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

油絵25点展示

油絵25点展示

アート杉山

9月9日~9月18日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/