青葉区版 掲載号:2012年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

のびのび自分を発揮して、友達を思う気持ちを 僕たち"みたけっ子!"

 学校法人原田学園みたけ台幼稚園(岡崎賢司園長)が今年40年目を迎える。1973年に設立して以来、約6千人の卒園生を送り出してきた同園に、40年の軌跡とこれからの目標について話を聞いた。

 田園都市線が開通し、土地開発が始まった頃、緑豊かな環境で未来を担う子どもを育てたいと初代・原田倫蔵氏が同園を開園した。

 「自分のことを好きでいられる子は、他人にも優しい手を差し伸べられる」―。設立以来、一貫して変わらない同園の思いだ。

 『自己受容、自己発揮、他者支援』を教育方針に掲げる。その根底となる自己受容とは、自分が”どんな子”なのかを知ることから始まる。

 運動会、発表会、作品展などの大きな行事から、朝礼当番まで。挑戦と失敗を繰り返し、成功したときは大人や友達同士が褒める。「誰かが認めてくれたとき、初めて自分のことが好きになります」と岡崎賢司園長。

 自分を好きになる、自分の力をもっと発揮する。それが誰かの役に立つことへの喜びに繋がる。園生活の中で芽生えてきた、他者支援の気持ちを互いに汲み取り、「ありがとう」という言葉を掛け合うことが大切だ。

成功体験の宝庫

 「ぬるっとする!」、「これがお米になるの?」。初めて水田に入り、土の感触を踏みしめる園児たち。4年前から始めた稲作体験の一コマだ。

 「行事は発見と挑戦、成功体験の宝庫です」と話すのは木下泰先生。保育日数の少ない12月は、発表会、玉ねぎ・大根収穫、お味噌汁パーティ、ドッジボール大会、お餅つき、クリスマス会を企画。行事を重視する同園の特色が伺える。

 「教職員一同、在園中はもちろん、卒園後もいつまでも子どもたちを応援していきます。園児たちの心の拠り所となる園を目指していきます」と木下先生。

 子どもたちの笑顔が、同園の雰囲気を物語る。
 

学校法人原田学園みたけ台幼稚園

神奈川県横浜市青葉区みたけ台1-1

TEL:045-973-0817

http://www.kidslink.jp/mitakedai

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

2月1日号

お客様大感謝祭3days

auショップ青葉台店 2月10日(土)・11日(日)・12日(祝)

お客様大感謝祭3days

2月1日号

今こそ両親に提案したい「新しい住み方」とは?

先週の寒波で必要性を痛感

今こそ両親に提案したい「新しい住み方」とは?

2月1日号

プレスクール3クラス募集開始

未就園児のための

プレスクール3クラス募集開始

2月1日号

税制改正大綱と財産管理術

「一生モノ」無垢一枚板フェア

葉山ガーデン横浜長津田店

「一生モノ」無垢一枚板フェア

2月1日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク