緑区版 掲載号:2018年8月2日号
  • LINE
  • hatena

「スイーツ甲子園」で審査員を務める 濱田 舟志(しゅうじ)さん 森の台在住 43歳

「続けることで夢は叶う」

 ○…高校生が3人1組でチームとなり、世界にひとつしかないスイーツの創作に挑む「スイーツ甲子園」。毎年、日本を代表するパティシエたちが大会の審査を務めている。多くの推薦を受け、8月から始まる予選と決勝大会の審査員に初めて抜擢された。大会まで残りわずか。「プロが思いつかない、高校生らしい斬新なスイーツが並ぶことが楽しみ」と自身も少年のように胸を躍らせる。また、「練習の成果を存分に発揮してほしい」とパティシエの卵たちへ優しい眼差しでエールを送った。

 ○…実家は、和歌山県の海辺にある洋菓子店。地域に親しまれ、50年以上続く名店だ。小学校の文集で、「ケーキ屋さんになる」と夢を書いた。大のケーキ好き少年は、夢に向かい一直線だった。親や友人の近くにいれば、甘えてしまうと、高校卒業後、新百合ヶ丘の有名店に単身飛び込んだ。

 ○…店舗の先輩や同僚に恵まれ、すぐに都会での生活にも馴染んだ。「旬の素材を使う」「出来立てを楽しんでもらう」など、今の原点となる様々な考え方を身に付けていった。9年間の勤務後、「本場を見たい」と渡仏。日常にケーキが溶け込んでいるフランスで、さらに視野を広げた。帰国後には、商品開発や部下育成など培った力を発揮。コンクールでの入賞も数知れず。2017年、中山町に自身の店「菓子工房グリューネベルク」をオープンし、夢を叶えた。「自分のケーキを押し付けるのではなく、お客様の食べたいものを作りたい」

 ○…オープンして丸1年。まだまだ忙しい日々が続く。同じパティシエの妻と仕事を分担し、娘2人の育児にも奔走中だ。夏は、伊豆へ家族で出かける予定だという。「大変なこともある。でも、続けることで夢は叶う。高校生にも背中で伝えられたら」と笑った。

緑区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

新名(しんみょう) 三郎さん

地域デビューを応援する講座「人生楽笑・次代塾」を企画運営する

新名(しんみょう) 三郎さん

3月14日号

佐野 純一さん

歴史講座を開催する運営委員会の代表を務める

佐野 純一さん

3月7日号

竹平 晃子さん

NHK横浜放送局でキャスターを務める

竹平 晃子さん

2月28日号

平田 浩一さん

氷彫刻世界大会(団体戦)で最優秀賞に輝いた

平田 浩一さん

2月21日号

清家 健志さん

パソボラ緑の代表を務める

清家 健志さん

2月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク