都筑区版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

港北ニュータウン緑の会 緑の都市賞国交大臣賞 持続的な市民参加が評価

コミュニティ教育

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena
港北ニュータウン緑の会のメンバー(同会提供写真)
港北ニュータウン緑の会のメンバー(同会提供写真)

 街中に多様な生物が共生する美しい雑木林を復元--。「港北ニュータウン緑の会」(永田和宏会長)が公益財団法人都市緑化機構の「第41回緑の都市賞」で国土交通大臣賞・緑の市民協働部門を受賞した。同機構が10月14日に発表した。11月22日にオンラインで授賞式が行われる。30年にもわたる地道な活動が評価された。

 「港北ニュータウンはグリーンマトリックス構想で緑を多く残して開発された。市民の力で公園や保存緑地の緑を管理保全しようと30年近く、多くの仲間と活動を行ってきた。一面竹藪だった公園は見事に雑木林に復元され、多様な生物の生息場所になっている」。そう話すのは同会の永田会長だ。

ネットワーク組織

 同会が結成されたのは1992(平成4)年。70年代から90年代にかけて開発や街開きが進んだ港北ニュータウン各地の公園や保存緑地に自然保護団体が結成される中、各団体を連携させるネットワーク組織として発足されたという。

雑木林を復元

 当初は荒れた竹林の整備や雑木林の若返り・育成、池のかいぼり、生物調査、ゲンジボタルの復元などに取り組んできた。97年には拠点を大塚・蔵勝土遺跡公園に移し、公園や緑地の竹林の管理や雑木林の復元活動に取り組んでいる。

 特に実習作業や雑木林塾、機器の安全使用講習会、自然観察会の開催など市民参加型の幅広い活動を進めてきた。現在は30代から80代までのメンバー約50人が活動しているという。

 今回の受賞は、約30年にもわたる持続的な活動が行われ、多くの子どもたちが自然観察に参加し、家族の憩いの場としても利用されるなど緑による居住・生活環境への貢献度が高いことが評価された。

 永田会長は「継続は力。受賞を機会にさらに活動が発展することを願っている」と話した。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

商店街イベントいよいよ

商店街イベントいよいよ 経済

コロナ禍で3年ぶりも

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

SDGs推進「バナナで」

SDGs推進「バナナで」 社会

有志がプロジェクト発足

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

4月28日号

テレワークに鍵付き個室

快活CLUB

テレワークに鍵付き個室 社会

セキュリティ高く、声OK

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook