瀬谷区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

横浜隼人高美術部 3人が全国出展へ 県高校展覧会で上位に

文化

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena
全国出展が決まった(左から)外山さん、藤川さん、齋藤さん
全国出展が決まった(左から)外山さん、藤川さん、齋藤さん

 12月に県民ホールで開かれた「第68回 神奈川県高等学校美術展」で、横浜隼人高校美術部の藤川ひよりさん(2年)と齋藤なるさん(1年)が教育長賞を、外山友紀さん(1年)が高文連会長賞を受賞。3人は神奈川県代表として、夏の全国高等学校総合文化祭東京大会に作品を出展することが決まった。

 高校生の美術・工芸に対する関心を高めることなどを目的に、県高等学校文化連盟と県教育委員会が主催する同展。平面や立体などさまざまな作品が寄せられる。今年は約740点の応募があり、最上位の教育長賞(5点)や高文連会長賞(10点)が選ばれた。

 全国に出展するのは3年をのぞく受賞者14人。同校美術部からは藤川さん・齋藤さん・外山さんが選ばれ、部として24年連続の出展になる。

藤川ひよりさん

 人物画が好きという藤川さんの作品は油絵の「いただきま〜す!」。友人がモデルで、ピザをほお張ろうとする瞬間を捉えた。おいしさが伝わるようにと、ピザの質感や形にこだわったという。また、同部の藤野秀樹教諭のアドバイスを受けながら、顔と視線の向きに違いを出して動きを出したり、両手の表現を工夫するなどした。

 受賞については「先輩が続けてきた全国出場を私たちの代でも達成できて良かったです」と安堵した表情を浮かべた。

齋藤なるさん

 齋藤さんの作品は熱帯魚をモチーフとした、「あろわなサン」。3匹のアロワナが寄り添い泳ぐ立体作品だ。コロナ禍でも協力しながら懸命に生きていく3人の家族をイメージしたそうで、親となる2匹は青色や銀色を基調としながらも深みやくすみを出すことで、生きてきた年月の長さを表現。子どもは、純真さを思わせる白色にした。

 スタイロフォームと呼ばれる素材で作り、ダンボール製のウロコを幾重にも重ね合わせた。「とても驚いて言葉が出ませんでした」と受賞を聞いた瞬間を振り返る。

外山友紀さん

 外山さんの立体作品のタイトルは「対話」で、自身や友人をモデルに造形したという。特徴的なのは胸に添えられた3本目の手。優しく包み込むような手の質感で、高校生という多感な時期に、心に潜む悩みと向き合う姿を表現している。

 全国への出展は「作品を見た人がどんな感想を持つのか聞いてみたい」と楽しみな様子。また、受賞を機に「自分のなかにあるものをもっと素直に表現したい」と更なる創作に意欲を見せた。

 

一瞬を切り取った藤川さんの作品
一瞬を切り取った藤川さんの作品
アロワナを造形した作品
アロワナを造形した作品
外山さんが手がけた作品
外山さんが手がけた作品

瀬谷区版のトップニュース最新6

初の全国大会出場へ

横浜隼人中野球部

初の全国大会出場へ スポーツ

市春季大会で初優勝

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

防犯カメラ12台設置

瀬谷銀座通り商店会

防犯カメラ12台設置 社会

治安維持や交通安全に

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook