瀬谷区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

県政報告【4】 補聴器助成制度の導入決定 9月16日 本会議にて一般質問

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena

 今回の肝いりの質問は「弱難聴・中等度難聴児に対する補聴器補助導入について」でした。重度難聴者は障害者手帳交付対象であり、補聴器の助成制度があります。しかし、聴力70デシベル未満(小さな話し声が聞こえない程度)の場合、現在は助成対象外で、特に乳幼児・幼児の発達が著しい段階で弱難聴・中等度難聴と診断されると、早期に補装具をつけなければ発達障害や言葉の遅れが出るのは想像に難くありません。

 補聴器は価格も幅広く、一般的なものでは両耳で11万円程度、高性能なものでは28万円程度。購入費用の全額負担は、小さい子どもを持つ保護者にとって決して簡単ではない事がご想像いただけると思います。保護者の経済的理由により補聴器が装用されない場合、こうした子どもたちは障害が早期に発見されたとしても適切な対応がなされないままの状態に置かれます。

 このことは、子どもの将来的な自立と社会参加に悪影響を及ぼしかねない重大な問題であると指摘しました。黒岩祐治知事は、「本県では軽度・中等度難聴児も支給対象に加えるよう国に要望してきたところ。お尋ねの助成制度については、国が支給対象とするまでの間、県として市町村と調整した上で実施する方向で検討していく」という答弁をいただき、このほど県が助成することが決まりました。この質問は、県内の多くの聴覚者団体・神奈川県医師会・そして瀬谷区の方々からも多くの声をいただき、皆様の声を形に変えることができたと思っています。

 選挙前の私の公約である「未来を支える若い力への行政からの全力支援」「いざという時にも安心して住めるまちづくり防災対策」「高齢者への行政からの手厚い福祉制度改革」を柱に、今後も皆様の声を形に変えていきます。

田村ゆうすけ

瀬谷区三ツ境12番地4新井ビル1階

TEL:045-654-5135

http://tamura-y.com/

小規模事業者向け無料出張相談

横浜市支援機関の専門家が、電話一本で伺います!☎045-225-3719

https://www.idec.or.jp/index.php

<PR>

瀬谷区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナウイルス感染拡大、1人で悩まずに相談を

新型コロナウイルス感染拡大、1人で悩まずに相談を

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

1月21日号

国民の生命と財産を守るために

国政報告

国民の生命と財産を守るために

内閣官房副長官 衆議院議員 さかい学

1月7日号

コロナに勝利し、希望ある年”都市(とし)”へ!

小さな声を、聴く力! 市政報告【19】

コロナに勝利し、希望ある年”都市(とし)”へ!

横浜市会議員 久保かずひろ

1月1日号

認知症疾患医療センターの区内設置が実現!

小さな声を、聴く力! 令和2年第3回定例会より【3】 市政報告【18】

認知症疾患医療センターの区内設置が実現!

横浜市会議員 久保かずひろ

12月10日号

観光や芸術体験の充実を提言!

小さな声を、聴く力! 令和2年第3回定例会より【2】 市政報告【17】

観光や芸術体験の充実を提言!

横浜市会議員 久保かずひろ

11月12日号

菅総理に瀬谷区の未来を直接要望

市政報告㉑

菅総理に瀬谷区の未来を直接要望

自由民主党 横浜市会議員 川口ひろ

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク