金沢区・磯子区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

CF(クラウドファンディング)で新たな子ども食堂ユーチューバーが金沢区で デンジャラス赤鬼

社会

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
天井にメンバーのイメージカラーをあしらった明るい店内
天井にメンバーのイメージカラーをあしらった明るい店内

 金沢区寺前に1月下旬、新たな子ども食堂が誕生する。YouTubeチャンネル「デンジャラス赤鬼」を運営するユーチューバー4人が、クラウドファンディング(CF)で集めた資金をもとに開設。食事の提供を中心に、子どもたちが将来も笑顔でいられるような支援を展開していく。

 デンジャラス赤鬼は、なきまさん(舟瀬渚さん・23)、こーたんさん(畑山康洋さん・24)、パッペー君さん、イサオさんの4人が運営する。2020年3月から生活困窮者や路上生活者へ食事の提供を始め、その様子などの動画を配信。チャンネル登録者は、昨年12月21日時点で21万9千人に上り、動画の広告収入をもとに支援活動を続けている。

 アメリカの高校生がホームレスにハンバーガーを配る動画を見て、支援活動を始めたなきまさん。「自分より若い子がそんなことをしていてかっこよかった。最初は不審に思われたけど、やってみると感謝の声も多い」

きっかけは路上生活者支援

 子ども食堂へ意識が向いたのも、路上生活者支援から。路上生活者に手作りの料理を配る中で、「路上生活者の多くは高齢者。若い世代や子どもたちにも何か支援をしたいと思った」。今取り組む「食」を通した支援で子どもたちにできることを考えた時に、子ども食堂を作る考えに至った。

 「子どもの頃の環境が将来にも影響すると思う。今困っている子どもたちを助けるのはもちろん、多くの子どもたちに10年先も笑顔でいてほしい」となきまさん。開設にあたってCFで資金を募り、620万円以上が集まった。開設場所は4人の活動拠点があることから金沢区に。現在の国道16号線から君ヶ崎交差点を旧道へ入った所に店舗を構え、オープン後は他の支援活動の拠点にしていくという。

当面はテイクアウトで

 オープン日は1月26日で、それ以降は毎週水曜日に営業予定。当面の間はテイクアウト形式で、中学生以下は無料、高校生は300円で食事を提供する。「ユーチューバーということやチャンネル名もあって、地域の方々には怪しく思われているかも」となきまさん。それでもこーたんさんは「活動を支援してくれた多くの人がオープンしてよかったと思える場所にして、一番有名な子ども食堂にしたい」。区内にある他の子ども食堂との連携も模索し、支援の輪を広げていく。

 ■金沢区寺前1の5の27、YouTubeチャンネル(【URL】https://www.youtube.com/channel/UCBwZDLH0cRQ2Pi2ZYEY6agg)

動画でおなじみのポーズを披露するなきまさん(右)とこーたんさん
動画でおなじみのポーズを披露するなきまさん(右)とこーたんさん

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

健康につながる脳トレ実践

健康につながる脳トレ実践 社会

横浜南法人会がセミナー

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

金沢・磯子から4品紹介

5月19日号

段ボールで異世界創る

段ボールで異世界創る 文化

金沢区釜利谷東のIkkaさん

5月19日号

地域SNSで情報共有

地域SNSで情報共有 社会

磯子区がピアッザと連携

5月19日号

高校生の留学支援

高校生の留学支援 教育

市、最大で40万円補助

5月19日号

横浜市スポーツ栄誉賞に

フィギュア鍵山選手

横浜市スポーツ栄誉賞に スポーツ

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook