南区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

プリザーブドフラワーの講師やシフォンケーキ販売で活躍する 安藤 けい子さん 井土ヶ谷上町在住 66歳

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

「おいしい」喜びに幸せ生む

 ○…2月は26日にシルバー人材センター主催のプリザーブドフラワー講座で講師を務め、その前の22日から3日間は本業である米粉を使ったシフォンケーキの販売を都筑区の商業施設で行う予定で多忙な日々。ジャンルが異なる2つだが、「創作することは通じているから」と笑顔を見せる。

 ○…母が作ったホットケーキや蒸しパンを食べていた子どもの頃からお菓子が好き。自身の子どもに手作り菓子を食べさせる中で「いつか起業したい」という思いが募った。夫が営むスポーツ用品店の事務として働いていたが、経営を任せて夫婦ともに時間ができた。2011年、バターや砂糖を多用する菓子に疑問を感じ、パンで食べたことがあった米粉でシフォンケーキ作りを始めた。「最初はスポンジケーキが全く膨らまなかった」と笑い飛ばすが、膨らし粉は使わず、もっちりとした食べごたえにこだわり、試行錯誤は2年続いた。「分量が数グラム変わるだけで、全く違うものになる」という繊細な菓子を商品に仕上げ、起業支援塾へ通った後、15年に自宅を改装し「工房Karin」を開店した。

 ○…ケーキは予想以上に売れた。「『おいしい』『感動した』という声が嬉しくて」。施設などのイベントへ積極的に出店。「いろんな方に会えるのが楽しい」と目を細める。現在は焼菓子教室も開き、米粉を使った菓子の良さを伝えている。

 ○…小さい頃は「折り紙好きの内気な女の子」がケーキ作りのヒントを得ようと、旅行にカフェ巡りと、行動派に変身。イベント販売では強力な味方の夫に革製品作りを勧め、今では商品が数カ月待ちになるほど。「手作り品をもらうと喜んでもらえるし、自分も幸せになる」。喜びを原動力に幸せな気分にさせてくれる花や菓子を生み出す。

南区版の人物風土記最新6

佐藤 幸子さん

認知症カフェ「とおりみち」の代表を務める

佐藤 幸子さん

六ツ川在住 71歳

10月10日号

日高 伸也さん

南消防署員で消防団員募集のポスターを制作している

日高 伸也さん

浦舟町在勤 30歳

10月3日号

宇野 司さん

創立35周年を迎えた「万世館合氣道横浜道場」の道場長を務める

宇野 司さん

永田北在住 68歳

9月26日号

伊東 晃さん

南区老人クラブ連合会の会長を務める

伊東 晃さん

六ツ川在住 78歳

9月19日号

鈴木 緑さん

保健活動推進員を30年続けて市から表彰された

鈴木 緑さん

三春台在住 75歳

9月12日号

石井 奈津希さん

「全国高等学校フラ競技大会」で優秀賞に選ばれた関東学院中高ダンス部の顧問を務める

石井 奈津希さん

三春台在勤 36歳

9月5日号

伊坂 重憲さん

県内の遊技場業者らで構成される神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

神奈川区在勤 69歳

8月29日号

9/5家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

蒔田の吉良歴史研究会

講演会の開催、史跡散策、他の歴史研究会との連携、会員の交流などを行っています

https://maita-kira.jimdo.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月14日19:48更新

  • 10月12日12:21更新

  • 10月11日18:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「シルクロード」の歌と踊り

「シルクロード」の歌と踊り

久良岐能舞台で公演

10月28日~10月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月14日号

お問い合わせ

外部リンク