神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
南区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

2月から在日外国人の学習支援などを行う「信愛塾」で事務局次長を務める 王 遠偉(おう えんい)さん 高根町在住 27歳

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

自分が育った場へ恩返し

 ○...外国籍や外国にルーツを持つ子どもの学習支援などを行う中村町のNPO法人で2月1日から事務局次長、中国語通訳、日本語指導員として働く。信愛塾には中学2年から通っているが、40年を超える歴史の中で出身者が正規スタッフになるのは初めて。

 ○...中国福建省で生まれ、13歳まで伯母に育てられた。小学校卒業を機に、日本で働く両親と暮らすために来日。家族と一緒に暮らせる喜びよりも、日本の言葉も文化も分からない新生活への「不安が大きかった」と振り返る。来日後、平楽中学校に入学。日本語の専門学校にも通うが、言葉の壁に苦しみ、中学2年生から信愛塾で日本語や勉強を教わるように。「自分と同じような人がいるんだと安心した」。県立鶴見総合高校に進学後は、信愛塾で小中学生に日本語などを教える立場に。大学、大学院を経て埼玉県で技術職として就職した後も、土曜日やイベントのある時はボランティアとして活動。1月末で会社を退職し、正式に働き始めた。

 ○...正社員の職を辞してまで信愛塾で働くことを決めた理由を「恩を返したいから」と話す。日本語が分からず、仕事で忙しい両親が不在の家で一人きりだった時、「信愛塾が自分の家より安心できる居場所だった」という。「ここがあったからこそ今の自分がいる。恩を返していきたい。後悔したくなかった」と強い決意をにじませる。

 ○...休日はマニュアルミッションの愛車、「フィット」を走らせ、富士山などの風景を撮影しに出掛ける。信愛塾のイベントなどでピアノの腕前を披露することもあり、子どもたちからは福建省の方言で弟を意味する「デデ」の愛称で親しまれている。子どもたちのために育った場所で恩返しの日々が始まった。

南区版の人物風土記最新6

千原 幹男さん

2月17日に餅つき大会を行った中村町一丁目第二あずま会の会長を努める

千原 幹男さん

中村町在住 76歳

2月22日

佐藤 和義さん

「桜剣士会」の創設者で、今年度の市スポーツ普及功労賞を受賞した

佐藤 和義さん

南太田在住 65歳

2月15日

王 遠偉(おう えんい)さん

2月から在日外国人の学習支援などを行う「信愛塾」で事務局次長を務める

王 遠偉(おう えんい)さん

高根町在住 27歳

2月8日

梶村 祐介さん

ジャパンラグビーリーグワン・横浜キヤノンイーグルスのキャプテンを務める

梶村 祐介さん

28歳

2月1日

萩原 幸雄さん

1月から一般社団法人横浜青年会議所の第73代理事長に就任した

萩原 幸雄さん

中区在勤 39歳

1月25日

高橋 祥世さん

糸縄神社で月2回、多世代交流の食事会「なぎさ食堂」を主宰する

高橋 祥世さん

六ツ川在住 76歳

1月18日

買取おりづる横浜弘明寺店 買取強化キャンペーン

テレカ50度数390円~、シート切手70%~、メッキアクセサリー大歓迎!そのほか何でもご相談ください

https://oriduru-shop.jp/yokohama-gumyoji/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

公会堂でサックス

公会堂でサックス

3月10日、カルテット出演

3月10日~3月10日

南区版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook