鶴見区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

平安町 子ども支援で米配布 食堂と育成会が共同

社会

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena
一人3kgの米を配布し、おにぎり写真コンテストの参加を促した
一人3kgの米を配布し、おにぎり写真コンテストの参加を促した

 平安町町会(河西英彦会長)による子ども食堂「平安ふれあい食堂」が、同子供育成会との共同事業として、9月23日、育成会加入の小中学生166人に米3キログラムを配布した。コロナ禍でさまざまな制限を受ける子どもたちを支援するための試みで、米は「フードバンクかながわ」が提供。「同じご飯を食べることで、親近感と連帯感を感じてもらえれば」と関係者は期待を込める。

 平安ふれあい食堂は、月に2回開催。メニューはカレーライスのみとし、小中学生が100円、大人300円で提供している。コロナ禍でもテイクアウトに変更するなどして休むことなく継続してきた。テイクアウトで需要も増え、1回60食ほどが出るという。

 今回の企画は、毎月米の寄付を受けるフードバンクかながわからの打診があり実現。「大人の影で悩む子どもたちを少しでも元気に」と、子供育成会にも協力を依頼して実施した。

 当日は、690キログラムの米を3キログラムずつ袋に入れ替え、平安町会館で配布した。

我慢続く日々

 ソフトボールやキックベースなどのスポーツ、夏祭りなど、年間の活動が2年連続でほとんど休止しているという平安町子供育成会。さらに、学校も夏休み明けから2日に1回の分散登校が続いており、米の配布を手伝っていた小中学生からは「1カ月間、顔を合わせない友だちもいる。正直つまらない」と本音も漏れる。

 育成会会長の那須志津恵さんは、そんな状況の中での企画について、「コロナで活動が薄れているなか、今回のような交流ができる場は重要」と、町会の協力依頼を歓迎していた。

おにぎりコンテスト

 「配るだけじゃ面白くないから」と河西会長が企画したのが、「おにぎり写真コンテスト」。配布した米で作ったユニークなおにぎりの写真を募り、10作品に賞品を進呈するというものだ。

 河西会長は「お子さんじゃなくても、お父さんやお母さんの手作りでも良い。家族で交流するきっかけになれば」と話している。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

マスターズ日本記録更新

ザバス鶴見水泳4選手

マスターズ日本記録更新 スポーツ

4×200mフリーリレーで快挙

11月25日号

登録1万人を突破

患者情報共有「サルビアねっと」

登録1万人を突破 社会

施設数100超 神奈川区にも

11月25日号

白幡神社、地域で支えて

ふるさと寺尾実行委員会

白幡神社、地域で支えて 文化

清掃・焼き芋企画に80人超

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で早期支援へ

11月18日号

児童虐待防止へ 区民が啓発

児童虐待防止へ 区民が啓発 社会

象徴の“オレンジ”広める

11月11日号

図書館へ防災図書

鶴見火災予防協会

図書館へ防災図書 社会

読んで啓発 初の寄贈

11月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook