神奈川区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

菅田羽沢農業地域 横浜キャベツ出荷ピーク 県内2位の生産量

社会

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena
丹精込めて育てた作物を手にする原田さん親子
丹精込めて育てた作物を手にする原田さん親子

 菅田羽沢の農業地域は、かながわブランド農作物「横浜キャベツ」の大生産地として知られている。横浜市は県内で三浦市に次ぐ生産量を誇り、5月中旬から6月上旬にかけて出荷のピークを迎える。

 JA横浜によると、神奈川支店管轄の農家は40件。生産者は規格を統一するなど、高い技術で栽培しているという。

 キャベツ農家の3代目・原田守利さん(71)=菅田町=もその一人。出荷の最盛期を迎えた現在、息子の朋宏さん(37)と午前5時に起床し、暗くなるまで出荷作業に汗を流す毎日だ。台風一過となった取材当日も、妻の手を借りながらLサイズのキャベツ8個ずつ、約200ケースを市場に出荷していた。

こだわりは「土」

 婿養子の守利さん。結婚後数年で義父が亡くなってしまったため、先輩たちに教えを請いながら、農作業に励んだ。その後キャベツを主力にし、出荷量を着実に増やしてきた。

 こだわりは「土」だ。病気に強い苗を作るため、入手しにくい牛糞堆肥を用いて土を作る。栽培するのは、葉が柔らかい春キャベツなど4種類。約5千坪の畑で時期を変えながら育てている。「出来、不出来は天候次第。定植した苗をヒヨドリに食べられるのが辛いね」と自然相手の苦労を語る。

今シーズンは8千ケースの出荷が目標だという。

神奈川区版のローカルニュース最新6

市立図書館に絵本寄贈

通信設備エンジニアリング

市立図書館に絵本寄贈 社会

6月17日号

法務大臣から感謝状

県遊協ら

法務大臣から感謝状 社会

更生保護活動で

6月17日号

ど根性トマトすくすく

ど根性トマトすくすく 文化

歩道橋脚脇から発芽

6月17日号

県、公道実施を中止

五輪聖火リレー

県、公道実施を中止 社会

6月17日号

文学作品 チェロと朗読で

文学作品 チェロと朗読で 文化

7月7日かなっくホール

6月17日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter