神奈川区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

増える自殺、救うには 精神科医・内田教授に聞く

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
星槎大学大学院の内田教授
星槎大学大学院の内田教授

 警察庁によると今年7月から3カ月間の自殺者数は全国で5477人(速報値)となり、前年同期比で419人増加。神奈川県内でも同期間は316人で昨年より51人増えており、コロナ禍で生活環境の変化もある中、自殺予防の必要性が高まっている。精神科医で星槎大学大学院(事務局/青葉区)の内田千代子教授に自殺の予防について聞いた。

 内田教授は、自殺した人の約9割は亡くなる前に何らかの精神疾患を抱えていると指摘する。

 病院の診断を受けていないケースも多く「本人は精神疾患にかかっているため視野が狭くなり、自殺以外に解決策がないと判断してしまう。そもそも『どうしたら死ねるか』と考えること自体が、うつ病の症状の1つ」と話す。

 このため相談を受けた人や変化に気付いた周囲が適切な支援機関等につなぐことが重要になる。

 相談を受けたら「1人で抱え込まず支援機関や医療機関等の専門家につなぐことが鍵」という。

身体の不調も

 自殺防止で大きな役割を担うのが、「ゲートキーパー」という存在。自殺の危険がある人が発するサインに気付き、声をかけて話を聞き、必要な支援先につなぎ見守る。誰もが意識して人と接することで自殺対策につながるとされる。

 内田教授によると、自殺につながるサインは「何も興味が湧かない、好きなこともしない」など。また不眠、過眠、だるい、疲れやすいなど、身体の不調が出ることが多いという。

変化あれば専門家へ

 誰かに話を聞いてもらうだけでも楽になるというが、医療機関の受診も重要。自殺の危険性があると医師が判断すれば、入院する場合もあるが「自殺予防で効果が最もあるのは自殺手段へのアクセスを断つこと。とても危ないときは、保護が必要。その上で治療し、回復を目指していく」と語る。

 また「家族でも悩みを言えない人も多いが、実際は助けを求めている。特に男性は弱みを見せられない傾向がある。男女ともに元気がない、大切にしていたものを放り出すなど変化が見られることが多いので、家族や周囲が気付くことができれば」と話す。

 特に今の時期は、芸能人の自殺に関する報道が相次いだことで「連鎖する危険がある」として周囲が注意してみてほしいと呼び掛ける。

コロナ禍も影響か 「つながり」大切

 現在は新型コロナウイルスの影響が診療の場でも見られ「経済的不安からの自己肯定感の低下、自粛が長引いたことによる生活リズムの乱れ、親子関係の悪化等の相談がある」と内田教授。

 これまでと同じ生活ができない今は「睡眠、食生活、運動等の生活リズムを崩さない心掛けが必要」と説明。人と接触する機会は制限されがちだが「幸せホルモンとして知られるオキシトシンは見つめ合ったり、電話の声だけでも分泌されて気持ちが落ち着くという研究もある。直接会えなくても人とつながっている感覚が大切」と話す。

 また「長寿の人の特徴の一つとして、感謝される経験が沢山あると言われている。こうした状況の時こそ身近な家族などに感謝の気持ちを示してもらいたい」と語った。

 悩み相談は横浜いのちの電話【電話】045・335・4343、または鶴見区福祉保健センター【電話】045・510・1848(平日午前8時45分〜午後5時)、このほか県のLINE相談「いのちのほっとライン@かながわ」はLINEで相談も可能。匿名可。

神奈川区版のローカルニュース最新6

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

11月19日号

県内書家30人の作品展示

県内書家30人の作品展示 文化

25日から横浜市民ギャラリー

11月19日号

自然の中で遊びを満喫

自然の中で遊びを満喫 社会

ボーイスカウトが指導

11月19日号

「農家直営」マルシェ人気

「農家直営」マルシェ人気 社会

羽沢町 20軒が野菜販売

11月19日号

住職の妻の「おてらしばい」

なごみ庵

住職の妻の「おてらしばい」 文化

元舞台女優の経験生かし

11月19日号

区に要望書提出

横浜商議所北部支部

区に要望書提出 経済

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク