神奈川区版 掲載号:2022年3月3日号 エリアトップへ

野菜の新たな価値創出 つま正

掲載号:2022年3月3日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市中央卸売市場の野菜卸業者「つま正」=栄町=が、横浜市のSDGs(持続可能な開発目標)認証制度「Y―SDGs」の認証を受けた。

 コロナ禍で外食産業が打撃を受けたことで、同社や農家から廃棄される野菜が問題となっていた。そこで野菜の有効活用と「生活の一部として気軽に野菜を取り入れて欲しい」という思いから活用法を模索。横浜市立大学の学生にフードロスの現場を知ってもらうとともに、野菜の新たな価値創出へ若い世代の視点を取り入れようと意見交換。半年ほどかけて8種の野菜を用いた新感覚の飲む野菜ジュース「八百屋さんのベジブロス」を開発した。

 ベジブロスは野菜を煮て取っただしの味を調整したもので、栄養価が高い。野菜が不足した食生活を送る人の健康サポートだけでなく、農業の振興にもつながるといい、小山正和社長は「ぜひ毎食取り入れ、腸内環境改善などに役立てていただけたら」と期待を込める。

神奈川区版のコラム最新6

野菜の新たな価値創出

野菜の新たな価値創出

つま正

3月3日号

学校、保護者の連絡電子化

学校、保護者の連絡電子化

(株)横浜メディアアド

8月26日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

8月19日号

リユース、SDGsの第一歩

電線提供など幅広く貢献

電線提供など幅広く貢献

メルビック電工(株)

5月20日号

絵日記からリユース瓶へ

絵日記からリユース瓶へ

市資源リサイクル事業協同組合

5月7日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook