高津区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

高津物語 連載第一〇二六回 新春雑感

合歓木
合歓木
 四季の一巡が早い。

 あまりエイジング(加齢)は気にしないが、何事においても素早い行動が出来なくなった。

 考え方も然りで、判断の基準が曖昧になってきた。まあ、それはそれで仕方がないとして、一番困るのが何をするのも面倒になったことだ。

 特に、あんなに好きだった整理や掃除がいやになり、見て見ぬ振りをしてやりすごし、困ったものだと思っている。

 以前、テレビのコマーシャルで「出来ない事を悲しむより、出来る事を楽しもう」と言っていた。

 しかし、出来る事もないので、増々困ったものなのである。そんな私を、子どもが見かねて、老化予防の頭の体操になるからと、漢字難問パズルや、いろいろな種類のクロスワードパズルを定期的に買ってきてくれるようになった。

 私の為にと買ってくるのだから、しないわけにもいかず、やり出したら面白くて、すっかりのめり込んでしまった。

 家事の合間や、寝る前のひととき、パズルを解いて楽しみ、全問サッと解けた時の気持ちの良さは格別。

 時間をかけて解くのは誰でも出来るだろうから、なるべく早いスピードで、どんどん解いて行く。

 これが子どもの言う通り、結構頭の体操になる。

 四字熟語や元素記号、カタカナ語、漢字、判っていたつもりでも、出来ない問題が沢山出てくる。

 早速ノートを作り、判らなかった問題を分野別に書き込んで行くと、たちまちノートの冊数が増えて行った。

 今では、これがとても嬉しい作業になっている。

 合歓木(ねむのき)がいつの間にか大きくなり、花が沢山咲いた。その花は、ピンク色の毛が球状になっているようで奇妙だ。葉は夜になると閉じて垂れる。

 マメ科の落葉木だけに花が落ちると、莢(さや)がぶらさがり、まるで莢頭豆(えんどうまめ)のようだ。

 今年も合歓が咲く初夏の訪れが待ち遠しい。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

高津物語

1月12日号

高津物語

高津物語

1月5日号

高津物語

高津物語

12月22日号

高津物語

高津物語

12月15日号

高津物語

高津物語

12月8日号

高津物語

高津物語

12月1日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大学院生が集大成を披露

洗足音大

大学院生が集大成を披露

1月18日から7日間

1月18日~1月26日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二八回 「街道の高層化」

    高津物語

    1月12日号

  • 高津物語

    連載第一〇二七回 「数学恐怖症」

    高津物語

    1月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク