高津区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

(PR)

実は怖いおたふくかぜ 取材協力/宮川クリニック

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
久保田医師(中央)と同院スタッフ
久保田医師(中央)と同院スタッフ

 春から夏にかけて流行する、おたふくかぜ。軽い病気と思われがちだが、実は様々な合併症を引き起こすこともあり、注意が必要だ。宮川クリニックの久保田医師に予防、治療について話を聞いた。

 おたふくかぜは耳の下にある耳下腺(じかせん)が腫れ、発熱や頭痛を伴う病気で「ムンプウイルス」の感染症だ。感染力が強く、登園・登校停止感染症に指定されている。

怖い合併症

 おたふくかぜが引き起こす合併症としては髄膜炎や脳炎が最多(10人から100人に1人)。難聴も1000人に1人発症し、高度の難聴になることがある。日本耳鼻咽喉科学会によれば、2年間で少なくとも348人がムンプス難聴となり、内300人近くに何らかの後遺症が残ったという。思春期以降にかかると、男児では精巣炎、女児では卵巣炎を合併することがある(5%〜30%)。妊婦感染すると流産のリスクがある。

ワクチンで予防を!

 治療としては抗生物質が効かないため、対症療法となる。ワクチンを接種することで、かかっても軽症ですんだり、合併症のリスクを下げることが出来る。1回では効果が不十分なため、2回接種が推奨される。

 「自分がかからないために、他人にうつさないためにワクチン接種による予防が大切です」

宮川クリニック

川崎市高津区諏訪1-3-15

TEL:044-844-9058

http://miyakawa-clinic.jp/index.html

高津区版のピックアップ(PR)最新6

これからの賃貸経営&相続対策セミナー

空室、災害、金利上昇、建物劣化、相続…様々なリスクに対応 参加無料

これからの賃貸経営&相続対策セミナー

各分野のプロフェッショナルが一堂に集結

12月13日号

介護予防は自分でできる

介護予防は自分でできる

「いこい元気広場」参加者募集

12月13日号

「はたらいふ」で無理なく仕事

就労継続支援B型事業所

「はたらいふ」で無理なく仕事

自立の第一歩をサポート

12月6日号

不動産売却を地元密着型の専門家に依頼する利点とは?

相談レポートvol.113 相続・遺言初回相談無料

不動産売却を地元密着型の専門家に依頼する利点とは?

12月6日号

完全フリープランの注文住宅‼

お客様のこだわりを実現! 新築・建替

完全フリープランの注文住宅‼

「成建オーダーハウス」無料設計相談会

12月6日号

快適設備の導入ご提案します

冬支度はお済みですか? リフォーム

快適設備の導入ご提案します

「成建リフォーム」で相談受付中

12月6日号

30分ボーカル無料体験

大好評

30分ボーカル無料体験

「USボーカル教室」溝の口校

12月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その4 石塚 卯三夫さん

    12月13日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その3 石塚 卯三夫さん

    12月6日号

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    11月29日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク