高津区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

(PR)

実は怖いおたふくかぜ 取材協力/宮川クリニック

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
久保田医師(中央)と同院スタッフ
久保田医師(中央)と同院スタッフ

 春から夏にかけて流行する、おたふくかぜ。軽い病気と思われがちだが、実は様々な合併症を引き起こすこともあり、注意が必要だ。宮川クリニックの久保田医師に予防、治療について話を聞いた。

 おたふくかぜは耳の下にある耳下腺(じかせん)が腫れ、発熱や頭痛を伴う病気で「ムンプウイルス」の感染症だ。感染力が強く、登園・登校停止感染症に指定されている。

怖い合併症

 おたふくかぜが引き起こす合併症としては髄膜炎や脳炎が最多(10人から100人に1人)。難聴も1000人に1人発症し、高度の難聴になることがある。日本耳鼻咽喉科学会によれば、2年間で少なくとも348人がムンプス難聴となり、内300人近くに何らかの後遺症が残ったという。思春期以降にかかると、男児では精巣炎、女児では卵巣炎を合併することがある(5%〜30%)。妊婦感染すると流産のリスクがある。

ワクチンで予防を!

 治療としては抗生物質が効かないため、対症療法となる。ワクチンを接種することで、かかっても軽症ですんだり、合併症のリスクを下げることが出来る。1回では効果が不十分なため、2回接種が推奨される。

 「自分がかからないために、他人にうつさないためにワクチン接種による予防が大切です」

宮川クリニック

川崎市高津区諏訪1-3-15

TEL:044-844-9058

http://miyakawa-clinic.jp/index.html

高津区版のピックアップ(PR)最新6

コロナ禍「個々の事情にあわせた介護」を応援

”通い・泊り・訪問” 介助する家族にも優しい3つのサービス

コロナ禍「個々の事情にあわせた介護」を応援

リハビリルームも新設 「見学・入居個別相談」も随時受付中

4月16日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

営業は安心の完全予約制貸出フェアも開催中!

4月16日号

レンタカー店がオープン

レンタカー店がオープン

高津駅より徒歩5分 府中街道沿い

4月16日号

成婚「一年以内」目標に

成婚「一年以内」目標に

川崎生田相談室だからできる

4月16日号

お金のはなし

税理士・FPの高橋さんが解説

お金のはなし

その7「住宅ローン控除について」

4月16日号

同館スタッフに聞く「コロナに関する葬儀」

同館スタッフに聞く「コロナに関する葬儀」

平安会館みぞのくち ご葬儀相談随時受付中

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter