中原区版 掲載号:2018年2月16日号
  • LINE
  • hatena

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける 徳永 友一さん 小杉町在住 41歳

ドラマは人生の教科書

 ○…「原作ファンのイメージに近づけながら、ドラマならではのことも入れていきたい」。『僕たちがやりました』や『ホームレス中学生』など、数多くの漫画や書籍をドラマ化。今作も少女漫画をもとに、念願だった「月9でラブコメディー」を実現した。「原作付きドラマは、自分の中で一度かみ砕いて再構築する作業。職人芸のようなところがあり、原作者の方に面白いと言われると嬉しい」

 ○…日頃から「これはドラマになるな」という視点でニュースを見て、売れている本をチェックしに地元書店を巡る。以前担当した刑事ドラマでは、「現代女性ならではの事件をテーマに」というプロデューサーの要望に対し、ニュースで見かけた「リア充代行サービス」という情報を元ネタに、時代をとらえた切り口で物語を紡いだことも。「作品づくりで大切にしているのは、視聴者の『今』に寄り添う目線。現代人が何を見ているか意識している」

 ○…横浜市出身。中学生でドラマにハマり、特に好きだったのは『101回目のプロポーズ』。「弱くても人は変われることを表現していて、当時の自分は勇気づけられた。ドラマは人生の教科書。学校では学べない、いろんなことを教えてくれる」。大学卒業後、働きながら脚本家を目指し、人生が一変したのは28歳のころ。テレビ局に持ち込んだドラマ企画『電車男』で地上波デビューが決定。同じ頃、武蔵小杉のアパートに妻と暮らし始めた。「当時は、ちょうどタワーマンションが建ち始めたころだった。眺めながら、いつかここで暮らせたらと思いましたね」と当時を振り返る。

 ○…脚本家として書き続けられるのは、「こうした方が面白くなる、というのがわかってくるから」。今後は映画にも進出したいと考えている。「脚本家の枠は限られている。打席に立たせてもらえるだけでありがたい。疲れたなんて言ってられない」。これからも第一線で走り続ける。

中原区版の人物風土記最新6件

下田 祐二さん

市認定「低CO2川崎ブランド」で今年度大賞製品の開発チームのリーダーを務める

下田 祐二さん

3月15日号

佐藤 元男さん

SL防災ボランティアネットかわさき(通称:SL川崎ネット)の代表を務める

佐藤 元男さん

3月8日号

深瀬 武三さん

川崎市商店街連合会の会長に就任した

深瀬 武三さん

3月1日号

チョン ソンリョンさん

川崎フロンターレのGK(ゴールキーパー)としてプレーする

チョン ソンリョンさん

2月22日号

中村 美那さん

日本競輪学校の女子第9回試験に合格した

中村 美那さん

2月15日号

竹部 貴司さん

コアパークフリマを運営するリサイクル運動推進事業協会で代表を務める

竹部 貴司さん

2月8日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク